コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ブログ閉鎖のお知らせ

長い間当ブログをご覧頂きまして誠に有難うございました。
投稿者の体調の具合もあり、更新がなおざりになってしまっておりました。
ご愛読いただきました皆様には申し訳ございませんが
近々閉鎖させていただきます。
FaceBookにて近況をご報告申し上げておりますので
そちらへのご訪問をよろしくお願い申し上げます。

FaceBook. http://www.facebook.com/kiyoshi.inomata
  1. 2017/01/29(日) 13:53:36|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

満開を迎えた八重桜

工房のお隣の八重桜が満開になりました。
南斜面に広がる斜面に一際映えています。
奥に見えるピンクの八重桜はこれからです。
工房にある山桜はまだ硬い蕾です。
山桜は葉が出てからひっそりと地味に咲きます。
鶯や雉が鳴き、やっと燕も見かけるようになりました。
長閑な東北の春です、


  1. 2016/04/19(火) 21:26:19|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきいき学園2015

久々のブログ投稿で恐縮です。

昨日宮城いきいき学園登米栗原校でコカリナをテーマにして
お話と演奏をして、コカリナ体験もクラスの皆さんにしていただきました。

始めにコカリナの音色を知っていただく意味で無伴奏で「ふるさと」をお聞きいただきました。
この授業は2007年に初めてお呼びいただいてから今回で9回目になりました。
コカリナをオカリナと混同している方が多いので今回は両方を実際にお持ちして
素材と形と音色の違いをまずご理解いただきました。

DSCF0181.jpg

次にコカリナの第一人者黒坂黒太郎さんによってハンガリー生まれのこの楽器が日本に紹介され
日本の木工家によって平均律楽器として生まれ変わり、木陰や木漏れ日のコをとって
「コカリナ」と命名されたことを知っていただきました。

続いて日本コカリナ協会の最近の活動や私のコカリナ工房森の精の活動内容をご説明しました。
新国立競技場建設の為に神宮の大欅が伐採されコカリナと和太鼓に生まれ変わろうとしている話など
自然と環境に優しいコカリナの最新の話も知っていただきました。
木造校舎や家屋の解体廃材、支障木、間伐材などからコカリナは作ることが出来ることをお伝えしましたら、
丁度家を解体する予定の方からどういう部材が良いかなどのタイムリーな質問も出ました。
途中飽きないようにリクエスト曲を演奏したり、全員で「北国の春」を歌っていただいたりして前半を終えました。

後半はいよいよ全員でのコカリナ体験です。

DSCF0179.jpg

最初に腹式呼吸の仕方をわき腹に手を当てて行い、丹田を意識した呼吸を実施。
正しい持ち方を図で示し、まずは「たこたこあがれ」に挑戦していただきました。
すんなり出来て自信を持っていただき、次は「かっこう」。
最後に「きらきら星」になったら皆さん要領を掴んでくださって驚く程上手に
最後まで吹きこなしてくださいました。
皆さんのヤッターという笑顔が素敵でした。

途中ではコカリナ愛好者でもいらしゃるこのクラスの担当教授鎌田先生にお願いして
アメージンググレースを披露していただきました。
生徒さんの喝采でひとしきり盛り上がったのは言うまでもありません。

病み上がりでどうかなと思いましたが、何事もなくいつも通りの講義が出来て良かったです。
帰りにこの登米市のシンボル、オランダ風車の前で記念撮影しました。
無事におえて一安心した表情です。

ikiiki20154.png



  1. 2015/04/23(木) 17:33:55|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック