コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

甦る北の生命

私が通う「伊達な木彫り塾」の先生である彫刻家の千葉照男さんと宮城岩手内陸地震で甚大な被害を受けた
座主窯の工藤修二さんの二人展が開かれたので昨日伺って来ました。

nininnten_0002.jpg

作品展のタイトルは「甦る北の生命」

ご案内には

東北の土と木を生かすことにこだわり大崎と栗原
それぞれの地で創作を続ける2人。
平泉の展示会から5年ぶりの顔合わせとなります。
千葉照男は初めて手がけた重厚な家具
工藤修二は地震で再建した穴窯の作品
どちらも石巻では初めての展示となります。

と書いてありました。

千葉先生の作品は、仮面・座敷わらし・オブジェなどに加えて、太い木の枝や厚い板を組み合わせた
椅子やスツールが目をひきました。
木だけの座面は疲れてくるのが多いように思っていましたが、実際に座ってみるととても落ち着いて
安らかな気持ちになりました。低めに設定された座面の高さやT字の背もたれが彫りによって
体にしっくり馴染みます。
彫刻家の手がける家具は芸術性だけでなく実用としても優れたものでした。

座主窯の工藤さんの作品は両手にほっこリ収まる茶碗など軽やかで落ち着いた色合いで
心地良い作品でした。

お二人のますますのご活躍を期待しております。
  1. 2010/03/23(火) 11:29:16|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の木彫り

久しぶりに木彫り塾に行ってきました。
数ヶ月ご無沙汰でしたので、早めに行ってまずは鑿砥ぎ。
これを怠っては能率が格段に違ってきます。
千葉先生に彫り進めるポイントのアドバイスを頂き、さー頑張るぞ。

IMG_0838.jpg

ここ伊達な木彫り塾は廃材を活用した彫刻を推奨していますので、私が彫っているケヤキも虫食いがあったりします。その部分の粉状の部分を削ぎ落としたら目や眉の所に溝が現れてしまいました。
補修をするかこのまま残すか思案中です。
又瞳も入れるかどうか決めかねています。
年内には仕上げたいものです。

IMG_0836.jpg

これは吊るし雛ではありません。クリオネでもありませんよ。
先日コカリナ工房に干したばかりの柿です。
まだ暖かいせいか干し柿にハエがとまるようになったので、水きりネットで包みました。
せっかくの干し柿ですので、食べごろまでは世話がやけます。
これだけの数でも包むのに大変でしたから、果樹農家の方のご苦労は想像以上でしょうね。
  1. 2009/11/16(月) 13:07:29|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日の木彫り

昨日は木彫り教室の日。午後から参加してきました。
今全員で近づいてきた火面展に向けて作品つくりに熱中しています。

火面展ご案内 (仮面ではありません)
  大崎市岩出山にある伊達な木彫り塾の先生と塾生による展示会です。
  火の神=釜神様として古くから台所のかまどの近くに祀られてきた面ですが、
  住宅の近代化とともに見かけなくなってきました。地元大崎地区に広く分布
  してきたこの文化を伝承し、彫刻としての芸術性を加味した面作りを提唱する
  千葉照男先生の下に集うわれわれの作品展を七夕祭りの期間でにぎわう仙台市で
  開催いたします。

伊達な木彫り塾作品展
期日: 2009年8月4日~9日 10時~17時
会場: 仙台市青葉区 東北電力ビル1Fグリーンプラザ

この機会に是非ご来場下さい。

これに出展する為に制作中の作品です。

IMG_0627.jpg

3作目の面です。まだまだ掘り下げて立体感を出さないといけません。


  1. 2009/06/01(月) 07:50:37|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック