コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ヒマラヤスギコカリナのその後

先日ヒマラヤスギのコカリナ第一号が完成したことを掲載しました。
ホッとしたのもつかの間、翌日工房に来て見たら完成したものも、
コップ状に削ったものもYMCAのCの字に曲がっている!
水分を抜いた後も木肌が油っぽくて気にはなっていたのですが、油脂部分の張力で曲がってしまった様子。油抜きの知識は皆無!
思い出したのが、いろんな事柄の知識をお持ちの塩竈コカリナ合奏団の
I団長さん。すがる思いで電話をして事情をお話ししました。すると、あっさりと、能面の製作の人たちはアルコールで油脂を抜くそうだよとの解答。本当に多方面に亘る知識をお持ちの方ですごいです。
コカリナの出荷前に吹き口を消毒するエチルアルコールが一瓶あったので早速ドブ付けにしてみました。

aburanuki1.jpg


2日後に出してみて驚き! コカリナが真っ直ぐになっている!!!
油脂で茶褐色だった部分は白っぽくなり、少し痩せたよう。
(だれですか?おまえもアルコールにでも浸かったらなんて・・・。)
透明だったアルコールは少し琥珀色がかっていて、その分油が抜けた事が分かります。Iさんのお陰で又一つ難題がクリア出来ました。
有難うございました。30日のオープニングで塩竈コカリナ合奏団の皆さんが演奏するときは私もエキストラで応援させていただきます。
  1. 2007/03/27(火) 18:34:58|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしいコンサート

昨日25日、宮城県遠田郡美里町にある「まくらぎの館」で開かれた素晴らしいコンサートを聴くことが出来た。

それは、アメリカコロラド州に在住の岩瀬明美さんの演奏会です。

最初、語り手として又アナウンサーとして知られた渡辺祥子さんの語りでスタート。意外な始まりだったが、スツと物語の中に引き込まれる。
それから?それから?と思わせる間の取り方、すごいなーと感心。

会場が一つの別世界に入り込み、そして岩瀬明美さんとJames Hoskinsさん登場。おちついたた低い歌声に、ぐいぐい引き込まれる。岩瀬さん作詞作曲のオリジナル曲や日本民謡「稗搗節」、英語の歌詞の入った「りんご追分」など、馴染みのある曲が、新鮮な岩瀬さん独自の音楽になり、聞き惚れる!
一緒に演奏したHoskinsさんのチェロも岩瀬さんの音楽にとてもマッチしていて素晴らしい。曲によってはチェロをジャンベ(?)に変えたり、チェロの多彩な音色で存在感を出していた。

リハーサルの時のミキシングに対する要求や、出来ない場合の臨機応変の対応なども見させていただき、プロフェッショナルを実感した。
演奏の最後に「会場のスピリッツに感謝します」とおっしゃった。
ライブは演奏者と聴衆で作り上げるもの、を実感した素晴らしい演奏会だった。
makuragi2.jpg


岩瀬さんに、宮城県の木「ケヤキ」で作ったコカリナをプレゼントした。何かの機会に使ってもらえたら嬉しいな。
今回の演奏会を案内してくれた、岩瀬さんの友人でもある、デンバーにいる従姉妹のサッちゃんに感謝。
  1. 2007/03/26(月) 09:24:25|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

工房は春の気配

今朝のコカリナ工房はなんとなく雰囲気が違った。
頭上でヒバリが鳴いている!と思ったら東の方角でウグイスが鳴いて、一気に春を告げている。花壇では黄色と紫のクロッカスが咲き、ビオラは相変わらず咲き続けているし、チューリップも10cmを越えて大きくなっている。

Yellow and purple and white,
Snow white and lilac and gold,
Crocuses, my crocuses,
Peering up from the mould;
These like fingers of flame,
These in a raiment of snow.
-G.Cotterell: 'Crocuses'


curokkasu1.jpg

  1. 2007/03/24(土) 09:45:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

ヒマラヤスギのコカリナ

電子レンジでの人工乾燥を繰り返し、やっと1本目が完成しました。
どんな音が出るかわくわくしました。
落ち着いたしっかりした響きが広がりました。リードの震えを感じさせるような魅力のある音色です。ヒマラヤスギの音色、始めて聞きました。
一時期、学校などの公共施設の庭や街路樹として植えることが盛んだったようで、各地で見られます。大きくなり、枝打ちなどが行われていると思いますが、その有効活用を今回のふれあいエスプ塩竈さんのように考えていただければと思います。
この観点でみれば他にも活かされずに処分されている樹木がたくさんあるのが残念です。

esupu10.jpg

出来上がったコカリナとコップ状に削ったヒマラヤスギ
(塗装前です)
  1. 2007/03/23(金) 12:18:14|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子レンジでチン Ⅱ

かまぼこ形状から羊羹状態にしました。これを又電子レンジに入れます。一気に乾燥させると割れたり、ひどいときは燃えるので2分以内で取り出します。

renji.jpg


開けると蒸気と木を蒸した匂いが広がります。
これを又自然乾燥させます。右の方に蒸気の白い煙が見えます。

saikansou.jpg


2昼夜置いて触感乾燥がかなり進んだので、コップ状にボール盤で刳り貫きます。

koppu.jpg


これでコカリナの内部が大気に触れたので、全体の乾燥を待ちます。

  1. 2007/03/20(火) 09:18:32|
  2. 工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

電子レンジでチン

ふれあいエスプ塩竈さんのヒマラヤスギの加工に集中できる体制ができた。セレモニーまで充分な自然乾燥の時間は無いので、まず川を剥いで

kawamuki.jpg


真っ二つにして一晩寝かせる。
saidan2.jpg


翌日、かまぼこ状態の木を電子レンジに

kansou1.jpg


扉を開けると蒸気と木の匂いがとび出して来る。
蒸気を発散させてから、スライド丸鋸で羊羹状態へ

seizai.jpg


これを一晩寝かせて大気に馴染ませて、再度電子レンジへ・・・
きょうはここまでにしましょう。
  1. 2007/03/17(土) 16:25:46|
  2. 工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山の現実

工房は人口密度の低い里山にある。携帯電話で話中に、突然切れてしまうことがある。電波の強さも1から2本、時には圏外で、相手の方には度々迷惑を掛けていた。今使っているmovaよりもFOMAの方が繋がるとの話を聞いたのでドコモショップから確認用にFOMAを借りてきた。
見てビックリ!

denpa1.jpg


右がこれまで使ってきたmova,左が借りてきたFOMA。圏外と3本、こんなに違うのか! 驚くと同時にmovaをないがしろにしているDOCOMOの姿勢に反発も覚える。auに移る人が多いのも理解できる。
と言いつつも,応対してくれたお店の人がとても感じ良かったので
早速FOMAに変えました。

  1. 2007/03/16(金) 21:38:36|
  2. 工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪にもまけず

お早うございます。
先日来の雪にもまけずに、クロッカスが花を開こうとしています。
よかった!

yukinimomakezu.jpg


昨晩はいよいよ迫った確定申告にお尻に火がついた感じで、工房に寝袋を持ち込んで決算書の仕上げに掛かりました。難問が何ヶ所か出ましたが、以前勤めていた会社の経理マンだった先輩に教えていただいて解決し、夜中の1時過ぎには決算書・確定申告書とも出来ました。田中さんのお陰です。有難うございました。
こんな時間に帰ってもしょうがないので、寝袋で横になったミノムシのようにして、始めて工房に泊り込みました。
やはり寝泊りするところではないなー。
  1. 2007/03/15(木) 08:17:50|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雪の工房

昨晩からの雪で20cmぐらいの積雪があった。
いつもなら家から20分ぐらいで来れるのに、今日は倍の時間がかかった。暖冬と言うことで早々とタイヤ交換をしてしまった人はどうしてるだろう?

koubou312.jpg


工房に近づいたら車を見てすぐにスズメが寄ってきた。この雪では餌も見つからず困っていたことだろう。餌台の雪をどけて麻の実を置いたら
大騒ぎして食べていた。食べてる時の自分もこうかな?


suzume3.jpg



先日ふれあいエスプ塩竈さんからツリーハウスを作る際に切る枝でコカリナが作れないかご相談を頂いた。記念樹、しかも幹はそのままで枝だけを一部伐採するので、それを有効に活かしたいとの事でした。コカリナ作りとして願っても無いお話でやらせていただくことになりました。
送られてきた枝を分割して乾燥中です。どんな音色が出るか楽しみです。


esupu2.jpg



esupu1.jpg

  1. 2007/03/12(月) 10:37:55|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

人工の炎

学生の頃キャンパスの中にメディテーションルームというのがあった。
若気の至りで利用することは無かったが、気になっていた記憶がある。
最近この瞑想にいいグッズを手に入れた。

rousoku1.jpg


ろうそくの天辺を切ったような形。底に付いているスイッチを入れておいて、炎部分の根元にある小さな孔に向かって息を吹きかけると、


rousoku2.jpg


なんと、ほのかな灯りが点くではないか!しかも一部分の色が紫になったり、オレンジになったりで、炎が揺れるかのように見える。


rousoku3.jpg


好きな音楽を集中して聴いたり、じっと考え事をしたり、失恋の心を癒したいときなどにいかがでしょうか?ポジティブな方でも一人安らぎを求めるときもあるでしょう。そんな時にお奨めします。
再度息を吹きかけると消える優れものです。

でも、コカリナは明るい自然の中でのびのび吹く方が好きです。

  1. 2007/03/09(金) 11:06:25|
  2. 発見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クロッカスが咲きました

今日は日差しもあり、気温も高い方ですが風が強く肌寒く感じます。
そんななか、小さな花壇ではクロッカスが咲きました。
驚異的な強さで冬を越したパンジーに混じって、濃い黄色の花弁が
開いています。クロッカスの花言葉は「青春の情熱」とか・・・?

kadan.jpg



kurokkasu.jpg


冬対策を教えてくださったオリーブさん有難うございました。
チューリップも7cmぐらいに大きくなっています。
  1. 2007/03/06(火) 09:47:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

山形への出張

山形市内での楽器店の老舗「富岡本店」さんが私のコカリナを
取り扱ってくださることになり、納品にお伺いしました。
早朝工房を出て空を見上げたら、バルーンが3機ゆったりと
飛んでいました。



20070303161932.jpg


国道47号線で鳴子、最上の山刀伐峠を経由して尾花沢へ。


20070303162306.jpg



20070303162357.jpg



やはり太平洋側とは景色が違う。

お店ではオカリナのコーナーにコカリナを並べていただいた。(*^_^*)
イチイ、サクラ、ブナのソプラノ3種類が並びました。
バリトンも早く展示出来るように頑張ろう!

帰りは丁度昼時。早速「山形 翁」のおそばを食べに・・・。
山梨の長坂にある翁で、あの高橋邦弘さんに師事した腕前を
いただきに行きました。お品書きを見て、あれ?
以前は高橋流に白目のざる( もりそばのこと )と黒目の田舎そば
に少しバリエーションがあっただけだったのに、いろいろと
多くなっていました。これもその土地に合わせてのご苦労の
表れかもしれません。おそばの香りはとても良く、そばつゆも
甘すぎず辛すぎず丁度良い塩梅の名脇役です。美味しくのどを通りすぎました。




20070303164532.jpg

  1. 2007/03/03(土) 16:51:37|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック