コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

嬉しい放送内容

ミヤギテレビさんの「OH!ばんです」で今月24日に取材を受けた「自然に優しい手作りの笛・コカリナ」が今日放送されました。

さとう宗幸さんがアップでコカリナを吹いていて「あっ 間違った!」とリラックスした雰囲気でコーナーがスタート。コカリナの歴史、私とコカリナとの出会い、樹種による音色比較、製作風景、廃材や伐採木を無駄にしないで、コカリナという楽器にする事への提案など多くの方に知っていただきたい点を網羅した編集になっていて大変嬉しい内容でした。

宗さんが、短時間で一生懸命練習した成果は松倉栗園さんの森の中でのデュエット「ふるさと」の演奏に現れていました。やる気・集中力・音楽センスのどれも素晴しく刺激を受けました。

放送終了後に、仙台市の市会議員の方から、青葉通りの欅問題を考える一つのヒントにもなった旨お電話をいただきました。我々の命を支えてくれる樹木、一つの役割を終えても形を変えればその存在を活かす道は沢山あると思います。その一つであるコカリナ製作にこれからも精進していきたいと思います。
  1. 2007/08/29(水) 22:52:50|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バリトンコカリナの認定証

先月末にバリトンコカリナの製作認定を目指し、サンプルを提出しておりましたが、認定証が届きました。
バリトンコカリナはソプラノより1オクターブ低い音域の楽器です。「音楽的にはテナーと表現した方が相応しいのだが・・」とのことですが名称は合わせます。これまでも自分使い用に作っておりましたが、これでお客様にもお渡しできます。

コカリナは最初にソプラノコカリナで認定を受けます。それから機種ごとに個別に認定を受けることになります。
同一樹種で5本のサンプルを製作し、それを審査していただきます。
認定に合格すると1本は日本コカリナ協会に保管され、4本と認定証が戻ってきます。

bariton1.jpg


製作したコカリナには機種ごとに色の違うロイアリティーシールを添付してお届けすることになります。申し込んだバリトン用のシールも早速届きました。

baritonn2.jpg


オレンジ色がバリトン用、エメラルドグリーンがソプラノ用です。

今回認定取得には柔らかく、艶のある音色のイチイ材を提出しました。
これ以外に、お客様から素直でまっすぐな音で気に入ってますと評された利島椿、そしてこけしに使うミズキやエンジュなど材料の乾燥が出来次第バリエーションを増やしていきます。
次の挑戦はコカリナ演奏時の音域を広げたいというご要望に向けて、ソプラノトリプルです。そしてアンサンブルに素敵な響きを加えてくれるアルトなど目標はまだまだたくさんあります。製作者仲間と情報交換をしながらより良いコカリナ作りを目指します。
  1. 2007/08/26(日) 09:23:06|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

偉大な先輩の来房

宮城テレビ放送さんの高視聴率番組に「OH!ばんです」があります。
歌手のさとう宗幸さんがコメンテーターを勤めていらっしゃいますが、
その中の「どうなknow」というコーナーの取材で宗さんがいらっしゃいました。

munesan01.jpg


私にとっては中学校の時のブラスバンド部の先輩ですし、その後のご活躍で存じ上げておりますが、宗さんのほうは私の事はすっかり忘れていらっしゃいました。43年ぶりですので無理もありませんね。

コカリナとの経緯などインタビューを受けた後、樹種による音色の比較ということで、梓、椿、欅、イチイ、といろいろな曲で吹きくらべ、最後に朴ノ木で、これを吹かなければと「青葉城恋歌」を吹きました。すると宗さんが「やっぱり朴ノ木が一番いいなー」と言ったので全員爆笑! 
製作過程の撮影の後、森の中での演奏を撮りたいというディレクターさんの要望で、急遽お願いをして古川の菓子処「松倉」さんの栗園をお借りしての撮影となりました。手入れの行き届いた栗園の木漏れ日の中でのソプラノとバリトンのデュエットとなりました。ブレスを失敗した私の方が酸欠でぜいぜいだったのに、宗さんは平然と3番まで吹いていました。選んだ曲は「ふるさと」で運指表付きの楽譜とはいえ短時間の練習で吹きこなすところはさすがで驚きました。

森の小僧も手伝いに来て、しっかり記念撮影に納まりました。

menesan1.jpg


放送はみやぎテレビとテレビ岩手で8月29日(水)の午後5時15分くらいからとのことです。是非ご覧下さい。
  1. 2007/08/24(金) 15:44:53|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

木彫り 面製作過程

コカリナに自然塗料のオスモカラーを塗って乾燥するのを待つ間、木彫り塾で製作中の面を少でも進めようと持ち出した。


 men1.jpg


今回はシンメトリーでないお面を作りたいと思い、先生の作品を参考に制作している。「真似なくていいからね」と言われるが、真似ようと思っても出来るものではない。先生との技術の差は雲泥の差だから望むべくも無いが、自分の気持ちを込めてノミを振るっている。




men2.jpg


そろそろ仕上げの色も考えないといけない。彫っているうちに木肌の白さと木目が浮き立ってきたので、半透明の白なんかも面白いかなと思い始めているこのごろです。

  1. 2007/08/16(木) 20:53:03|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

夏休み特別講座を受講

昨日、日本コカリナ協会で行われた特別講座を受講してきました。講師はコカリナの第一人者黒坂先生です。宮城県の私が一番遠いかなと思っていましたら、大阪からの方がいらっしゃいました。


この講座は新しく発足した「准講師制度」に伴い、演奏技能資格2級の技能要求度に基づきレッスンしていただくものです。コカリナの普及を行う上で、まず自分自身がしっかり吹けることが重要と思い参加しました。公認製作者の面接のときにもレッスンしていただいたのですが、その時に一番強く印象に残ったのが、丹田をしっかり意識して、おなかの筋肉を使い、一定の圧力で8拍、12拍のロングトーンが連続演奏できるようにということでした。今回受講してみて、それが上手くできていないことを認識させられました。ついつい喉や腕に力が入り、音が安定せず上擦る傾向がある点を指摘されました。これらを日々の練習のポイントに据えて頑張りたいと思います。黒坂先生の練習法も披瀝していただきとても参考になりました。


9月には黒坂先生のコカリナコンサートが仙台で開催されます。ご都合のつく方は是非お聴き下さい。


主催は「仙台友の会」です。チケット等は直接お問合せしていただくか、当工房にお申込でもけっこうです。


Tel/Fax: 022-308-5009 期日:2007年9月15日(土) 14:00開演


会場:仙台市青年文化センター(シアターホール)


koncert.jpg

  1. 2007/08/15(水) 07:13:05|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長沼の蓮

渡り鳥の飛来地で有名な伊豆沼の近くにある長沼の「はすまつり」会場に行ってきました。

hasu1.jpg


見頃の時間帯は10時ぐらいとのことでしたが、少し早く着いてしまいました。
蕾が開花した直後を狙いたかったのですが、上手く見つけられません。


hasu2.jpg


昨年TV番組の「レガッタ」ロケ地にもなった漕艇場もある長沼ですが、年々蓮の株数が増えているそうです。今夜はこの会場で花火大会が予定されています。真上に上がる花火もいいですが、対岸から見ると沼に映る花火も一緒に見えて綺麗です。


hasu3.jpg

  1. 2007/08/13(月) 10:15:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

Satoru Ohashi 2007 JAPAN TOUR

久々にジャズコンサートを聴いてきた。
ブラスバンド部の後輩にあたる大橋さんが率いるジャズカルテットの日本ツァー第1回公演だ。

メンバーは    大橋 諭         (トランペット)
         アーロン・ディール    (ピアノ)
         ジェームス・シングルトン (ベース)
         ジェラルド・フレンチ   (ドラム)

jazz.jpg


フレンチ、シングルトンのベテランに互して多彩なトランペットの音色を聞かせてくれました。
バークリー音楽院をでてニューオーリーンズで活躍中に大型ハリケーン「カトリーナ」で被災。避難場所からの電話オーディションにてジュリアード音楽院の合格を得るなど才能と幸運に恵まれた人のようだ。
彼の作曲した「moonlight][morning on the street] は暖かな感性を十分に感じさせる好演だった。
今後のますますの活躍を期待します。

  1. 2007/08/10(金) 08:52:43|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

利島椿が加わりました

shinsaku.jpg


伊豆諸島の利島から送っていただいた椿で作ったコカリナを、当工房のラインナップに加えました。年輪幅が0.7mm位の生長の遅い木です。
老木になると実が生らなくなるので、植え替えの為に伐採されます。
その木を有効活用する意味で送っていただいております。
橋渡しをしてくださったIプランニングの相沢さんの提案で、利島椿の印を押して出荷することに致しました。変な模様の焼印は速記文字で私を示しています。


in.jpg


音色はホームページ「http://www.morinosei.biz/shop.htmlコカリナ工房森の精」でご確認ください。



布ケースも仙台のマブチさんで新しい千鳥格子と唐草を見つけました。
とても多種類のキルティング生地をストックされてるので、時々覗いて
仕入れています。
  1. 2007/08/09(木) 10:25:34|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

F高同窓会にて

佐藤団長と私の出身校の同窓会総会でコカリナ演奏を依頼され、レセプション前にお聞きいただきました。
これまで同窓会総会には出席したことがありませんでした。行ってみると100名ぐらいの参加者、私も卒業してから40年が経ったのを再認識させられる年齢層でした。

tonannka1.jpg


同窓ではないのですが、渡辺さんにも応援して頂き今回もトリオでの演奏でした。
佐藤団長が急遽編曲してくださった4曲を披露。

1.F高第二校歌といわれる図南歌
2.エーデルワイス
3.千の風になって
4.荒城の月変奏曲

例年はブラスバンド部が演奏していたのを、宴会前に子供たちに演奏させるのはいかがなものか?ということで、実行委員の三上さんが仙台コカリナ合奏団を推薦してくれて実現に至りました。
  1. 2007/08/06(月) 06:40:27|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ひまわりの丘 Ⅱ 満開!

先月27日はまつり前日というのに開花はチラホラでがっかりでした。
ここ連日の猛暑で一気に満開となりました。

himawari2.jpg


不思議な事に並んで植えられているのに向かい合って咲いている列があります。
まるで戦国時代の陣形のようです。


himawari1.jpg


菜の花を刈り取った後にこれだけのひまわりを植えつけるのは大変な事と思います。
せっかくの花畑、大勢の方に見ていただきたいものです。


himawari3.jpg

  1. 2007/08/04(土) 20:39:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック