コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

とっておきの音楽祭in東まつしま

6月に仙台でも行なわれたタイトルの催しに出かけました。
2会場4ステージで行なわれましたイヴェントに塩釜コカリナ合奏団と石巻コカリナ合奏団の混成チームが参加するとのことで行ってきました。今回は練習に参加できなかったので写真担当です。

Dステージ最初のプログラムは宮戸島小学校の生徒さんによる「宮戸島太鼓」でした。
元気の良いばちさばきで魅了してくれました。

miyatotaiko.jpg

この宮戸島小学校には生徒さんと先生方の2つのコカリナ合奏団があります。
5月にコカリナの第一人者黒坂黒太郎さんのスクールコンサートが開催されたのを機に、地元宮戸島で伐採されていた椿の木を使って私が作ったコカリナで練習をしていらっしゃいます。いつかコカリナでも出演されることを期待しましょう。

昨日はその後に塩釜と石巻のコカリナ合奏団の出番でした。

higashimatsushima1.jpg

発足から2年目を迎え、綺麗なハーモニーを聴かせてくれました。
15分と短く、もう少し聞きたかったとの声が聞こえました。

続いて仙台コカリナ合奏団の首席奏者渡辺さんの番になり、オカリナ、パンフルート、コカリナ、オリジナル楽器のボトルフルートと4種類の楽器を楽しませてくれました。

IMG_0088.jpg

80歳の渡辺さんのように元気で音楽を楽しみたいものです。
「音楽のチカラで 心のバリアフリーを目指そう」というこのとっておきの音楽祭、晴天に恵まれ夕方まで賑わいました。

  1. 2008/09/29(月) 11:53:32|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

曼珠沙華

今年も綺麗に咲きそろいました。
コカリナ工房への道すがら毎日通過する羽黒山に群生する曼珠沙華です。
雨上がりの中を行ってきました。

haguro20080003

この風景を見ると、去年も書きましたが山頭火の句を思い出してしまいます。
          
              曼珠沙華咲いてここが私の寝る所

haguro20080001

ここ羽黒山は、春は桜、秋は曼珠沙華で賑わいます。

haguro20080004

曼珠沙華は墓地や田んぼの畦道で良く見かけます。
これは根に毒があるために、ねずみやモグラなどが嫌います。土葬の頃はそういった動物にお墓を荒らされないように、また畦に穴をあけられないように植えたものだそうです。
  1. 2008/09/26(金) 15:26:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9

パープルハート ?

コカリナの吹き口はどうしても塗装が剥げてきて見た目が気になってきます。
それを解決してくれたのが、被塗面にガラス質の膜をつくる無機質、無溶剤のガラスウッドコートでした。このコート剤を使ってからは、吹き口がいつも綺麗で気持ちよく演奏できるようになり、お客様にも好評です。

これを開発されたのは林業家で、檜や杉の間伐材などを有効利用しようと子どもさん向けの食器を中心とした木の器を作っていらっしゃる津田瑞苑さんです。
おくいぞめ食器など、自然の温もりがあり、軽く木の香りのする木の器です。
対象となる幼児にはウレタン塗装は環境ホルモンなどの問題があって使えません。
そこで開発されたのが、ガラスウッドコートだそうです。
詳しくはホームページ http://www.tsudazuien.co.jp/hyousi.htm をご覧下さい。

その津田さんから、この材でコカリナを作ってとの依頼で製材した木が送られてきました。

tsuda.jpg

木曽檜・吉野杉・楓は馴染みがありますが、パープルハート、ピンクアイボリー、リグナムバイタは初めて見た名前でした。紫芋そっくりの色のパープルハートには驚きました。ピンクアイボリーも無塗装でのピンク色はとても綺麗です。リグナムバイタは比重1.32とずっしり重い木です。
これらからどんな音色が出るか今から楽しみです。
このような木に挑戦できる機会を頂き感謝です。
  1. 2008/09/24(水) 08:54:47|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初めての駅コン

20日の土曜日は仙台市営地下鉄主催の駅コンサートに、仙台コカリナ合奏団8名で出演してきました。
鉄道に関連した選曲で、線路は続くよどこまでも、汽車ぽっぽ、鉄道唱歌、夜汽車、
Wさんのボトルフルートの後、宮城に縁のあるどんぐりころころ、千の風になって、
最後に夕焼けこやけを演奏しました。
東西連絡通路の角でしたので通りかかる大勢の方にお聞きいただきました。

ekicon.jpg


又7月に行なったリビング仙台のセミナーに参加された方もお二人お越しくださいました。
合奏団への入会申し込みもあり、「コカリナ病」が又広がりました。

この日はホームページやブログつくりの強い味方、あたらしいデジカメが届きました。
今までのものより6倍の画素数で、次回からクリアな写真が掲載できます。
あとは腕を磨かなくっちゃ!

eosx2.jpg
  1. 2008/09/22(月) 07:50:36|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

座敷わらしの完成

久々に行った「伊達な木彫り塾」で春から取り組んでいた座敷わらしが彫りあがりました。
昨日、日本オスモ社のノーマルクリアーを塗って完成です。なかなか集中できず延び延びになっていましたが、千葉先生から方向性をアドヴァイスいただき一気に進みました。

zashikiwarashi2

次の目標は塾のテーマでもある「火面」です。宮城県北部から岩手県南部にかけての民間信仰、農家のかまどの上に掲げてあったかまど神様のイメージで作る面です。顔のつくりをコンパスなどで規格どおりに作る方もいらっしゃいますが、自由な発想で彫り進むことを奨励する千葉先生の考え方に共鳴する仲間の作品は見ていて大いに啓発されます。

そして昨日は嬉しい驚きがありました。
昨年伊豆利島のI先生からコカリナのご注文を頂いたことがきっかけで、利島小中学校の児童生徒さん全員が地元利島のツバキ材で作ったマイコカリナを楽しんでくださっています。
そのI先生がこの春本土に転勤されてたのですが、昨日突然ご家族4人で工房にお越しくださったのです。平泉や気仙沼大島などの東北旅行の帰りにお寄り下さったとのことで、お会いするのは初めてでした。ホームページに工房の案内地図は出してありますが、分かりにくい場所ですのでお尋ねいただいて感激でした。赴任された学校でも校歌をコカリナで演奏してくださったそうです。コカリナを心から楽しんでくださっていて感謝です。夜遅くのご帰宅だったことでしょう。お元気でご活躍下さい。
  1. 2008/09/16(火) 08:21:56|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

夕暮れ時はたのしそう

昨晩は仙台市八木山児童館主催のイヴェント「夕暮れ時はたのしそう」に招かれて、エンディングのコーナーでコカリナを演奏してきました。
コカリナの優しい音色で締めくくりたいとのご希望で、急遽お引き受けしました。

このイヴェントは児童館を利用する子どもさんや保護者の方々を交えて毎年行なわれてきているそうです。模擬店コーナーもあり、「闇鍋ならぬ八味鍋」や焼き蕎麦ほかヨーヨー釣りなどいろいろ。出し物も力強い和太鼓に始まり、子供さんたちの雀踊りなどで盛り上がっていました。

yagiyama1

遅れてきた子はまだ食事中でしたがお開きが近づいてきて、エンディングのコーナーで出演となりました。コカリナの名前を聞くのも初めての方がほとんどでした。長野オリンピックを契機に広まってきたこと、木を大切にする一端を担っていること、今回は間に合いませんでしたが仙台青葉通りのケヤキを仙台市から譲り受けて乾燥中であること。来年のとっておきの音楽祭までにはコカリナにしてその音色を聞いていただく予定などを演奏の合間にお話して、コカリナを知っていただけたことと思います。

yagiyama2

演奏曲目は
   見上げてごらん夜の星を
   もののけ姫
   チキチキバンバン
   プライド
そうして会場の皆さんにも歌っていただこうと児童館の方が模造紙に書いてくださった、「ふるさと」をコカリナに合わせて歌っていただきました。
そして名残惜しさにもう一曲、夕焼けこやけを歌っていただき終了となりました。

終わってから、コカリナを見せてくださいと保護者の方がいらっしゃいました。
やはりいろいろな機会に出向いていってコカリナを知っていただく大切さを感じながらの帰宅でした。
  1. 2008/09/14(日) 18:10:29|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術と食欲の秋

昨日は早朝からコカリナ製作に使う原木をチェーンソーで輪切りにして乾燥の準備を行いました。
仕事はここまでにして、稲穂が頭をたれて黄金色が目立ってきた風景の中、岩手県北上市立「鬼の館」に行ってきました。
ここは「鬼」をめぐる様々な事柄を集め学びあう場としたテーマ博物館です。
鬼の館の企画展として、私も通う「伊達な木彫り塾」の千葉照男先生の「火面展」が23日まで
開催されています。

oninoyakata8

oninoyakata7

oninoyakata6

千葉芸術を館長さんが分かりやすく解説してくださっています。

oninoyakata3

いくつかの作品をアップでご覧頂きましょう。

oninoyakata01

oninoyakata4

oninoyakata5

工房で間近に見ているのですが、このように展示されると趣きが違って見えます。
千葉芸術をもっともっと多くの方に見ていただきたいものです。


鬼の館を後にして向かったのは・・・・。
北上市というと知る人ぞ知る「トロイカ」があります。
チーズケーキで有名ですね。興味のある方は地方発送も行なっているそうですので、ホームページをご覧なってはいかがでしょうか?
丁度昼時でしたので、レストラン部門でチーズをたっぷり使ったロールキャベツを頂きました。
普通のコンソメスープの中のロールキャベツではなく、とろとろしたチーズの中に柔らかなキャベツが隠れていて、それはそれは美味しかったです。
お土産はもちろんチーズケーキ。一緒に行った小僧も大満足のドライブでした。
  1. 2008/09/12(金) 09:26:48|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

優しい音色、広がる輪

今日の河北新報夕刊のカルチャーコーナーで「杜れんど」としてコカリナが紹介されました。

木の優しい音色に魅かれて、コカリナの演奏を楽しむ人が増えているとの観点で記事にしてくださいました。

kahoku2.jpg

現在宮城県内では5つのコカリナ合奏団が活動しています。又我が家の「森の小僧」も同じ職場にいた友人と秘かにコカリナサークルを作っていて、7名の初心者が集まって楽しく練習を行なっている様子です。このようなサークルも含めるとかなりのコカリナ愛好者がいるものと思われます。

今日も工房に仙台からお客様がいらしゃいました。
以前お求め頂いたソプラノに加えて、利島椿材のバリトンコカリナを受け取りにお越し下った次第です。裏技の高音は出せるようになったが、低いシの音が出せないとのことでした。
下あごの力を抜いて吹く要領をお話しましたらすぐにしっかりした音が出ました。散歩の途中で、公園などで吹いていると、いろんな人に話しかけられると嬉しそうに話していらっしゃいます。ご自分のレパートリーにする曲のファイルも作っていて、意気込みが感じられます。5歳のお孫さんに負けないように練習している様子が目に浮かびます。

このようにマイペースでコカリナを楽しむ方が増えてきている事は何よりも嬉しい事です。
製作の方もより良いコカリナ作りを目指して頑張らねば!

  1. 2008/09/02(火) 20:28:09|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック