コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ゲスト出演

夏に岩手・宮城内陸地震で甚大な被害を受けた栗原市で、地道な音楽活動をしてこられたアポロ吹奏楽団の第15回定期演奏会にゲストとしてお招きいただき、仙台コカリナ合奏団の8名で参加致しました。

aporo.jpg

話題のNHK大河ドラマ「篤姫」のメインテーマの演奏で始まったアポロ吹奏楽団の皆さんのハーモニーに引き込まれました。又我々コカリナ合奏団にはないダイナミックスでの盛り上がりにも感動しました。

apollo11.jpg


2ndステージが我々の出番です。
会場の方々にコカリナを知っていただく良い機会です。
Cバスからバリトン・アルト・ソプラノ・ジョイントソプラノ迄の音域を実際に聞いていただいたり、木の種類による音色の違いを知っていただいたり、又演奏にあわせて歌っていただくなど客席とステージの一体感を演出したゲストコーナーになりました。

apollo.jpg

今年の行事予定はこれで終了です。
今日からは来年1月の東京コカリナフェスティバルに向けての練習の日々です。

  1. 2008/11/25(火) 11:18:04|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

充実してきた樹種

コカリナは樹種による音色の違いが楽しめます。
その意味でいろいろな木を調達して乾燥させたり、珍しい木を仕入れたりして充実に努めています。
棚を整理したついでに機種別の対応可能樹種をリストアップしてみました。

種類価格(送料別途)木の種類
ソプラノ¥5500利島椿・椿・イチイ山桜・朱里桜・カヤ・桑・カツラ・コナラ・ホウ

ミズキ・ヒバ・栃・オニクルミ・イタヤカエデ・檜・・ブナ・エンジュ
¥6500パープルハート・チャンチ・オノオレカンバ・梓・ブビンガ
¥8000黒柿黒檀紫檀タガヤサン
アルト¥6500コナラ・オニクルミ・イチイミズキ
バリトン¥7500イチイ・椿・欅・コナラ・ミズキ・カヤ
¥10.000パープルハート


いつの間にか随分増えました。
詳しくは左側にあるリンク先「コカリナのお求め」をクリックしてご覧下さい。

地元のこけし工房や材木店、森林組合、利島村Mさん、遠野のK工房、
木場の材木店、気仙沼大島の親戚、合奏団の仲間や友人など大勢の方に材料のご協力を頂き、
お客様にご支援いただきながらコカリナ工房の運営が成り立っています。
皆様有難うございます。

お客様がお持ちの材木でもコカリナ製作をお引き受けしております。
伐採した庭木や記念樹、ご先祖が建てた家屋の解体廃材など思い入れのある木を
燃やしたりせず、コカリナにして残してみませんか?
詳しいことは当工房までお問い合わせ願います。

これからも宜しくお願い申し上げます。
  1. 2008/11/22(土) 11:07:09|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陶彩画展と青葉通ケヤキのコカリナ

昨日は朝からの雪模様で、工房に篭って製作に励んでいました。
昼過ぎになって晴れてきたので2つの目的で仙台に向かいました。

1つは18日から開催されている草場一壽さんの陶彩画個展を拝見すること。
昨年始めて陶彩画を目にしましたが、草場さんの描く菩薩像や花の絵にすっかり魅了されました。
仙台会場は青葉通りに面したエルビー・ギャラリーです。

11.jpg

手元の絵葉書を一部アップしてみましたが、ぜひ会場にお足を運んでいただきたいものです。

仙台会場:11月18日~23日 仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル1F エルビー・ギャラリー
東京会場:11月1日~30日  東京都世田谷区羽根木1-19-19羽根木インターナショナルガーデンハウスc-7

詳しくは  http://www.manai.co.jp  をご覧下さい。
東京会場は予約が必要とのことです。

2つ目の目的は、仙台市役所から譲渡していただいた青葉通り伐採ケヤキで製作したコカリナを市役所に届けることです。
市民に安らぎの木陰を供してくれたケヤキが地下鉄工事の為に伐採の動きが出たときに、保存運動が活発に行なわれました。一部は移植されましたが残りは伐採されました。
その欅材を有効活用すべく譲渡申請が受け付けられました。
幸い私のコカリナ製作も認可され、7月に受け取りました。
伐採から半年ですのでまだ乾燥は不十分ですが試しに試作してみましたら、軽やかな綺麗な音がしました。そこで割れの入っていない部分で製作し、記念にお届けした次第です。
残りの部材でも製作し、仙台コカリナ合奏団の仲間と一緒に、来年のとっておきの音楽祭にて皆さんに青葉通り欅の音色をお聞きいただこうと思っています。
  1. 2008/11/21(金) 15:44:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

初雪

静かだなと思いながら玄関を出ると、そこは銀世界。
初雪です。
昨年よりは2日遅いそうですがいよいよ冬到来です。

工房まで来ると雀たちが大騒ぎ。
昨日郵便受けの屋根に用意して行った餌は雪に埋もれていました。

hatsuyuki1.jpg

  1. 2008/11/20(木) 08:36:48|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雁の飛び立ち

今朝5時の気温は3度。
今日こそは渡り鳥たちの飛び立ちを撮ろうと、工房近くの化女沼に向かった。

沼まで来るとうるさいくらいにクヮークヮーと鳴いていて、飛び立つきっかけを待っているようだ。
6時10分過ぎ、一羽が飛び立つとつられるように次々に水面を離れていく。

IMG_0316.jpg

黒く写っている林の前を空に向かう様子を見るために明るさを調整してみる。

IMG_0320.jpg

IMG_0322.jpg

沼の上空に達するとすぐにグループごとの編隊に分かれてそれぞれ今日の餌場に向かって飛んでいきます。

IMG_0330.jpg

その頃には太陽が昇り綺麗な朝焼けが見られました。
今日は良い天気になりそうです。

IMG_0341.jpg

  1. 2008/11/19(水) 07:55:03|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

経木の活用

コカリナは長時間の吹奏を行なうと、ツバが内部に溜まってきます。
その湿気は栓や本体に浸み込みます。その水分でふやけた栓が膨らんで、風道を狭めます。
もともと吹き口から吹き出し口に向かって狭くなっている風道が狭くなりすぎると音が出なくなります。
その対策はそれぞれの方が工夫していらっしゃると思います。
絵葉書を細く短冊状に切って水分を押し出したり、それに吸わせている方が多いと思います。

コカリナ工房森の精ではお納めしたコカリナのアフターサービスとして、修理を承っております。
先日音が出なくなったとのことで、修理の依頼がありました。
早速見てみますと、吹き出し口の手前に紙の繊維が詰まっていて、それが息の流れを遮っているのが原因でした。取り除くとスムーズに音が出ました。
湿気で音が出にくくなり、絵葉書の短冊を何度も抜き差しした為に、湿気で紙の繊維がほつれてきてそれが集まって詰まったものと思われました。

コカリナは閉管ですので、なかなか乾燥に時間がかかります。やはり吸い取ってしまうのが一番簡単な方法と思います。
吸い取り紙ではすぐに繊維の影響が出そうですので使えません。
檜の名刺を細く切って吸い取らせることも考えましたが値段が高いのが難点でした。
そんな折、おにぎりなどを包む経木は水分を吸ってくれるのを思い出しました。
経木なら間伐材で作っているので、樹木の育成にも貢献できるし、値段も安いと言うことで早速試してみました。

IMG_0276.jpg

購入した経木は厚さが0.22mmでした。これを2~3枚重ねて挿し込むと適度に湿気を吸ってくれてなかなか良い具合です。割れやすいので適当に使い捨てして、経木自体が詰まることの無いようにすれば大丈夫と思います。

もっと良い方法を考え出された方がいらっしゃいましたら是非お教え願います。
  1. 2008/11/17(月) 17:51:30|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千の風になって

Dscf00461.jpg

昨日は悲しい知らせがありました。
花・絵画・音楽が大好きで、エネルギッシュに足を運び、ご自分の言葉でそれぞれをご紹介していらっしゃった
せっちゃんが突然亡くなられたとのことでした。

せっちゃんは昨年の春にコカリナを始めたばかりでした。直後の6月に開かれた東京コカリナフェスティバルを聴きにいらっしゃいました。次々に登場する老若男女がコカリナを楽しんでいる様子に驚いたようでした。
私たち仙台コカリナ合奏団が演奏したのは「見上げてごらん夜の星を」と「千の風になって」。
最後に会場全体でふるさとを演奏したとき、コカリナはお持ちになったそうですが、気後れして一緒に吹けなかったそうです。次回には皆と一緒に吹けるように練習するとおっしゃっていました。そのフェスティバルは今年開催されず、年明けの1月31日になっていました。そこでの再開を楽しみにしていましたのに間に合わず残念です。

最初に掲げたのはせっちゃんがお好きだった花、バラです。
名前はピエール・ドゥ・ロンサール。
「わたしのちいさな庭」さんのHPからお借りしました。

http://homepage2.nifty.com/olive-house/sub18.htm

そこには、「天国のとびらを開くとそこに咲いているのはきっとこの花」と書いてあります。

ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2008/11/14(金) 15:53:12|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の夕暮れ

昨日の夕方、窓が赤く染まったので外へ出てみると

yuuyake.jpg

綺麗な夕焼けが見られました。
しばらくして茜色が灰色に変わった頃、雁が巣へもどってきました。
夕焼けをバックに編隊のシルエットが撮れれば最高なのですが、
そう上手くはいきません。

翌朝の放射冷却での冷え込みを予想してましたら

IMG_0241.jpg

やはりフロントガラスが凍っていました。
去年は12月まで騒いでいたムクドリが、今年は早々と渡って行きました。
冬が早いようです。
  1. 2008/11/12(水) 07:35:30|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仙台青葉通りの伐採ケヤキ

以前ブログにも書きましたが、仙台市営地下鉄の工事に伴い、青葉通りのケヤキが一部移転・一部伐採されました。その伐採されたケヤキにたいし、譲渡申請書を提出し認められた分は工房の乾燥小屋の中で眠っています。
春に伐採されてから半年ぐらいですので、まだまだ乾燥は不十分と思いながらも、ヒビの入った所を切断して試作してみました。

刳り貫く時にドリルビットの溝を埋めるように切粉がびっしりついて、中はまだまだ湿っています。
ヒビが入り欠けた部分には余材を紙やすりで削り落とした粉とパテを混ぜ合わせて埋めました。
見栄えは悪いですが次のように出来上がりました。

IMG_0231.jpg


青葉通りを涼しい緑陰で癒してくれたケヤキが、笛になって心を癒してくれます。
ケヤキを残したいとの思いで活動した方も大勢いらっしゃいました。
貴重な材ですので、その気持ちに応えられるようにしっかり乾燥させて、
より良いコカリナに仕上げたいと思います。
そして近い将来、生の音をお聞きいただきたいと思います。

  1. 2008/11/10(月) 12:09:52|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の風物

この時期になると、あちこちの家庭で干し柿作りが始まります。
我が家でも先日いただいた柿を剥いて、工房の軒に吊るしました。
工房は日を遮るものがないので、一日中日が当り干し柿作りにはもってこいです。
昨年美味くできたので今年も楽しみにしています。

kaki.jpg

カキといえば先日黒柿という貴重な銘木でコカリナを作りました。

IMG_0211.jpg


他にも乾燥させた柿材がありますので、季節に合わせて柿も新作に加えていきます。

  1. 2008/11/06(木) 08:57:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

新樹種追加

先日3大唐木の製作を始めていることをお知らせいたしました。
黒檀・紫檀・タガヤサンの3種類が揃いましたので、今日ショッピンングカートに加えました。

sandaikaraboku.jpg

それぞれ魅力ある音色と色艶で、気に入ってます。

この後に銘木中の銘木と言われる「黒柿」も製作いたしましたので、今度音色と一緒に
アップいたします。
  1. 2008/11/04(火) 17:48:35|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芋煮会

昨日は以前勤めていた会社のOB会東北支部の芋煮会でした。
今回は定年退職の方や私のような早期退職者を含めた16名が集いました。

会場は仙台市郊外の泉が岳にあるスプリングバレースキー場。
芋煮鍋は昨年は宮城風でしたので今回は山形風にして、しょうゆ味・牛肉でした。
それにバーベキュー、お酒はビール・日本酒・焼酎・ワイン。

higashimatsushima2.jpg

始めは暖かな日差しの下でビールがすすみましたが、日差しが陰ってくると日本酒や熱燗に変わり
昼酒に酔いました。酔った勢いで皆で歌おうということになり、リクエストは「もみじ」。
紅葉は息を呑むほどではありませんでしたが、綺麗な赤が目に付きました。
ここは携帯に便利なコカリナを出して私が伴奏を奏でました。
首からペンダントのように提げていればすぐに吹けますので、このような野外イベントには重宝します。

年末には有志が集まって、夜中までコカリナ、リコーダー、フルート、トランペット、ギターなどを演奏しながら飲み明かす会を今年も開催の予定です。
仕事ではなかなか楽しむわけにいかなかった音楽を、退職後に楽しめる仲間がいるというのは良いものです。それにしても、プロの管楽器奏者を前にして下手くそな演奏を行なう私の心臓は強くなったものです。

higashimatsushima3.jpg

  1. 2008/11/01(土) 17:42:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック