コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

久々の合同練習

今日は仙台コカリナ合奏団のみやぎ生協古川南店での練習日。
前回は申告書類作成に終われ不参加でしたので久しぶりです。
そして先日の「ふれあいフェスタ」をお聞きになってコカリナの魅力にはまり、
5名の方が入団されました。
お陰様で今日は総勢11名と賑やかな練習となりました。

少し早めにお越しいただいて、コカリナを縦に2分割した模型で構造を説明してから

1.ツバを余りださない吹き方
2.タンギングでの音の出し方と止め方
3.腹式呼吸とロングトーン練習
4.指使いを変えずに音程を上下させる吹き方とそのメリットの理解

を一通り行い、指使い記号付きの楽譜を活用して「めだかのがっこう」にチャレンジ。
みなさんご家庭での練習をしっかりなさったようで、なかなかの出来映えでした。
合奏団に幅が出てきてこれからが楽しみです。

今後の予定は、5月4日の「東北大学植物園の日」と6月7日の「仙台とっておきの音楽祭」です。
演奏曲も決まり、一通り練習をしました。
入団したばかりの人も、1曲でもかまわないので参加しましょうとの考え方で臨みます。

1.おお牧場は緑
2.グリーンスリーブス
3.埴生の宿
4.少年時代
5.どんぐりころころ変奏曲
6.吾亦紅
7.欅物語(仮称)

両日ともに野外演奏です。お天気に恵まれますように \(^o^)/
  1. 2009/03/28(土) 17:21:12|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゲスト出演

昨日3月22日に開催された第12回岩出山高校吹奏楽部OBOG定期演奏会にゲスト出演してきました。
OBOG会の指導をしていらっしゃる佐藤先生が仙台コカリナ合奏団・スコーレハウス合唱団の指導者でもあることから今回の企画が実現しました。

iwakou.jpg社会人で編成する吹奏楽はなかなか全員が揃うことが難しいとのことです。
それでもご夫婦で参加されている方や団員のお子さんの現役の中高生も参加していて和気あいあいとした合奏団です。年に数回の依頼演奏もこなしていて、この日も美しいハーモニーを聞かせてくださいました。
岩出山高校で音楽の担当として在職された、大橋靖彦先生・友川廣人先生・佐藤公一郎先生が1曲ずつ指揮をされました。
私も古川の中学・高校とブラスバンド部でユーフォニュームという楽器を受け持っていましたが、その頃ご指導をいただいた友川先生に41年ぶりにお会いすることが出来ました。

二部は合唱とフルートで「花」「茶摘」が演奏された後で、コカリナも加わりました。
フルートの渡辺さんは地元岩出山出身の演奏家で、この日の為に埼玉から駆けつけてくださいました。

DSC01411.jpg   写真提供は指揮をしている佐藤先生

「少年時代」はハミングの部分をソプラノコカリナ2パートでハーモニーに加わりました。
次の「小さな木の実」は1番と2番の間奏としてコカリナの二重奏で入りました。
コカリナの大先輩、渡辺さんとの初のデュエットでしたが、いかがだったでしょうか?

DSC01413.jpg


3曲目の「どんぐりころころ変奏曲」はフルートの渡辺さんがアルトパート、佐藤先生がCバスで入り四重奏で演奏。
最後に昨年の宮城岩手内陸地震で被災した栗駒文字地区に伝わる「文字甚句」を佐藤先生が作・編曲したものを賑やかに演奏。会場からは手拍子も入って盛り上がりました。
  1. 2009/03/23(月) 09:35:28|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春の味

暖かくなった昨日、工房の敷地内でフキノトウを採りました。

IMG_0423.jpg

蕾の小さいのは残しても結構採れました。

IMG_0428.jpg


夕食後早速「ばっけみそ」(当地ではフキノトウミソをこう呼びます) を作りました。
作り方は6日のブログでも書きましたが、先日亡くなられた山口さんから教わった方法です。
フキノトウに並んで大事な素材の味噌は、現代の名工として表彰された仙台味噌の遠藤勝之さんが開発した「名工」を使いました。この味噌がまたいい香りがしてフキノトウの香りととてもマッチして抜群の美味さです。

IMG_0429.jpg

ふわっとした香りと苦味を味わいながらのひやおろし酒は格別に美味しいものでした。

この日「辻堂の暮らし」のわかめさんのブログにかいてあった宇宙ステーションを見にいきました。説明通り18:55過ぎに表れました。飛行ルートは朝鮮半島から北海道との事でしたので、奥羽山脈の方を見ていましたら、北西方向から表れて北東方向に飛ぶのが確認できました。普段見ている旅客機よりははるかに早く、でもしっかり見れる速さで流れるような輝きでみれました。わかめさんのアドバイスで三脚も用意していたのですが、夜間撮影の技術不足で上手く撮れませんでした。次回頑張ります。


  1. 2009/03/18(水) 08:07:36|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電子申告完了

昨年はトラブルがあり、印刷した書類で確定申告をしたが今年は無事にe-TAXで申告を済ませた。

   bluereturn.jpg


一度体験すればたいしたことではないのだけれど、ほんとに分かりにくい!
もっと親切なマニュアルが無ければ、事前準備や登録のあれこれで嫌気がさしてしまうでしょう。
いろいろ言いたいことはあるけれど、混雑する署まで出かけなくて澄んだのでまー良しとしよう。
  1. 2009/03/16(月) 14:29:18|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

すずめのお宿

コカリナ工房は雀のお宿でもあります。
私の車が近づいてくると、飛び跳ねて喜んでます。(と勝手に思ってます。)

毎朝待っていてくれると自然に情が湧くものです。餌台で先を争って食べる様子はすごいです。
餌台が空っぽになるとこのように暗黙のプレッシャーをかけてきます。

suzume.jpg

胃袋が小さいのですぐにおなかが空くのでしょう。
我慢できなくなると、窓の外で盛んに鳴いて催促してきます。
めったに訪れる人のいない里山のはずれですので、気を紛らせてくれる大事な存在です。
  1. 2009/03/13(金) 12:53:24|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「屋根の上のピッピ」さん

コカリナ大好き人間ゆんさんがご自身のブログ「屋根の上のピッピ」さんで当工房をご紹介してくださいました。

屋根の上のピッピ   http://ameblo.jp/yum-pippi/day-20090312.html  ←こちらからどうぞ

ゆんさんがアルトコカリナの擦れ音が気になって brown piccolo さんにご相談をしたことがきっかけで、「他の製作者の方のコカリナでも、お困りでしたら修理をしますよ」とお伝え頂いたことが始まりです。
メールのやり取りをするうちに、昨年の7月からコカリナを始められたこと、横浜の合奏団で活動していらっしゃること、ご自分の演奏をとあるサイトにアップして、いろいろな感想を糧に向上を目指している様子などが分かりました。
温かいご家庭の様子や信念を持った活動にコカリナ愛好家の方々が集う素敵なブログです。
ぜひ訪れてみてください。


昨日の吹雪の影響で、工房の野鳥の餌場にもうっすらと雪が積もっていました。
その上には松葉のような鳥の足跡が沢山付いています。

ashiato.jpg

残った餌を早くに食べにきたのでしょう。
雀やシジュウカラの催促の囀りに早速餌をあげました。
  1. 2009/03/12(木) 13:01:12|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の朝

今朝は鳴子にある温泉付きマンションで目覚めた。
昨日までの春を思わせるような陽気から一転して雪が積もっていて、吹雪だ。

3112.jpg

仙台コカリナ合奏団のW長老の快気祝いと22日のゲスト出演の為の練習ということで、この場所をWさんが手配してくださいました。

昨日3時に集合し、まずは練習。今回の演奏曲は「少年時代」「小さな木の実」「どんぐりころころ」「文字甚句」。スコーレハウス合唱団と一緒の演奏が出来るようにとのS団長の編曲です。
一通り終わった後に、初見で楽しもうということで、「青葉城恋歌」「青い山脈」。これはデイケアセンター訪問のレパートリーに加えるといいですね。

そして名湯鳴子の温泉にゆったりと浸かりました。
露天風呂からの月がとっても綺麗でした。「ここで一杯飲めたらいいっちゃねー」などと笑いながら温泉を満喫。
部屋に戻りお祝いの乾杯をした後はWさん手作りの塩辛やなまこ、鍋を肴に秘蔵のどぶろくと純米吟醸出羽桜、ワインで大いに盛り上がった一晩でした。
酔っ払い3人のお世話をしてくださったWさんの奥様、お世話になりました。

帰路は吹雪の中でした。

311.jpg
  1. 2009/03/11(水) 13:29:50|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうウグイスが!

昨日、工房でウグイスの初音を聞きました。
すぐに聞こえなくなったのですが、今朝早くに工房に来るとすぐ近くで冴え冴えと鳴いています。
鳴き声はまだいまいちですが、春の訪れをお聞き下さい。
最初の鳴き声は、縄張りへの侵入者を威嚇している,工房を食堂と思っている雀たちです。

こちらからどうぞ    ウグイス
  1. 2009/03/10(火) 09:55:14|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

陽だまりはもう・・・

今日も日差しはあるのですが冷たい風が吹いている宮城県北部です。
でも陽だまりでは春の気配がしてきました。

クロカスやクリスマスローズが咲いています。

      IMG_0419.jpg   IMG_0420.jpg

気の早いチューリップも球根を持ち上げて花壇から背伸びしています。
まだまだ雪が降りますので、土を厚く被せて眠りについてもらいました。
  1. 2009/03/08(日) 13:37:21|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

切れ味

バンドソーの切れ味が良くないなーと思い始めた矢先、工具メーカーのサイトに、良く切れるブレードが発売されたとの広告を見つけた。
良いタイミングと思い取り寄せてみた。
説明書きには鋭い歯の鮫のイラストが書いてあって笑ってしまった。

IMG_0418.jpg

セットしてみてビックリ。とても良い切れ味。ブレード幅が3mm広くなった分ブレも無くなり、時間効率もよくなった。

  1. 2009/03/07(土) 15:32:39|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲しい知らせ

昨晩遅く、会社員時代にお世話になった山口さんの奥様からお電話を頂きました。
お名前を名乗られた瞬間、何故か訃報のお知らせと解りました。
涙をこらえて気丈に経過をお話されるのを黙ってお聞きしました。

           バラ


春を迎えると、フキノトウを採ってきて自分でふき味噌を作るのが楽しみです。
こればかりは料理上手なパートナーにも負けません。
実は山口さんから直伝の作り方を守っているからなんです。
フキノトウを細かく刻んでフライパンで乾煎りします。
それにフキノトウと同量の味噌を入れて和えながら煎ります。
日本酒・味りん・砂糖で好みの味に仕上げ出来上がり。
これを肴に飲む日本酒は格別美味しいのです。
山口さん、今年も作りますよ。

合掌
  1. 2009/03/06(金) 09:18:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひなまつり出前演奏

3月3日・4日と続けて3ヶ所で、ひなまつりの出前演奏を行なってきました。

3日は石巻市のさおり作業所とコープの家デイサービスセンター、4日は登米市社会福祉協議会の西郷地区でのミニコンサート。

さおり作業所では皆さんが仕事を終えてからコカリナを自主練習してこの日の準備をしていてくださいました。浜千鳥やアメージンググレースの美しい演奏に参加者から大きな拍手が送られました。
私もここでの指導を行なっている阿部さんと二重奏を4曲プレゼントしました。


09031.jpg   09032.jpg

この後コープの家に移動してデイケアにいらっしゃったお年寄りにコカリナの優しい音色をお届けしました。選ばれたお二人がお内裏様になって、テレながら座っていらしゃいます。
その横で演奏し、一緒に歌っていただきました。踊りだす方もいらっしゃって盛り上がりました。

翌日もデイケアにいらしゃった方々へのミニコンサート。
こちらは先日名前が決まった「ハンガリーの風」での出演でした。
この日も歌あり、笑いあり、ダンスありで持ち時間の1時間をオーバーしての楽しい一時でした。
リクエストにも3人で即応して、聞きたい・歌いたいというご希望に沿うことが出来ました。

09034.jpg   09033.jpg


  1. 2009/03/05(木) 07:31:51|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「元気な風展」に参加してきました

2月28日に山形県上山市で、食・農・器をつむぐフォーラム 「元気な風展」 が開催されました。

DSC_2855.jpg











命を育み、地域の暮らしを支えてきた 「

長い年月をかけ農とともに育まれてきた 「

その食を生かし、生活を豊かにする為の 「










山形の風土の中で地域や人々が作り上げてきた風味風情があります。
」をキーワードに、真室川・温海・鳴子・上山の仲間が手を取り合い、
山形が元気になる風を起こす取り組みの第一弾として、地域の食と農と器を見つめ直し、
食の環境を語り合う、美味しく楽しいフォーラムでした。

主催は昨年夏に上山市の果樹間伐材を分けていただいた、木工デザインくだものうつわと上山まちづくり塾。代表の鈴木さんと事務局の枝松市議さんから会場でコカリナの音色を聞かせて欲しいとのお誘いを受けて、二つ返事でお引き受けしました。

くだもの王国山形県の中でも柑橘系果物以外のほとんどを栽培しているという上山市です。
昨年分けていただいたスモモの間伐材で作ったソプラノとバリトンを持参致しました。

フォーラムの一部は「目と手で楽しむ」コーナー。
参加4地区の食材や木工・ワラ細工・織物・お米などが展示され、実際に触って感触を見ることが出来ました。
会場に視察にお見えになった吉村知事さんに枝松さんがご紹介してくださいましたので、くだものうつわ同様に地元から出る間伐材から作ったコカリナをご説明し、音色もお聞きいただくことが出来ました。

二部は「香りと味覚で楽しむ」コーナー。
各地域の伝統食や地場産品をアレンジした創作料理、郷土料理をいただきました。参加記念品のスモモのお箸を使っていただいたお料理の味は格別でした。
地元の高校生が開発した食用ほうずきで作ったジャムは甘さ控えめ、心地良い酸味が感じられてお奨めです。

DSC_2867.jpg


三部はお話、出会いを楽しむコーナー。
始めに私の出番でした.
まず町おこしのイベントに因んで「ふるさと」をゆったり吹かせていただきました。
地元のスモモの間伐材の音色をどのようにおききいただけたでしょうか?
コカリナを作るためにわざわざ木を切る必要はなく、間伐材や支障木として切られる木などからも充分に作れる事。仙台の地下鉄工事で伐採されたケヤキを生かす意味で、市から譲渡していただきコカリナにする活動もお話させていただきました。
コカリナがハンガリー生まれの楽器であること、指穴を一つづつ空け空けて行くと、ドレミソラドの日本音階になっている話から、ちょっと音符の長さを変えると浜千鳥のメロディーになる所を吹いて説明しました。
そして山形と言えば、花笠音頭。吹き始めましたら一気に会場の雰囲気が変わったのを感じました。
明るいリズムに乗って、ヤッショーマカショの掛け声も入りました。
最後は「北の国から」をトリプルコカリナで演奏し終わろうとしましたら、優しい山形の方ですので、アンコールがかかり、ふるさとを皆で歌っていただき終えることが出来ました。

その後、湯布院の木工デザイナーで、東北や北海道の農山村で農家に工芸を指導されている時末辰夫さんのお話と日本の農業再生に取り組んでこられた民族研究家の結城登美雄さんのお話を伺いました。
又、会場で横浜からいらしゃっていた元ジャーナリストの小田さんとも知り合うことが出来、コカリナの魅力や各地の町おこしの様子などを語り合うことが出来ました。

終わってからの交流会にも参加させていただき、まちづくり塾の一員として7年間活動してこられた皆さんの熱い思いを肌で感じました。

いろいろなお酒を飲みながらの懇親会では、洞爺湖サミットでも指定された上山市のTワイナリーのワインを味わうことが出来ました。NHKのウルトラアイで目隠しテストをしてヨーロッパのワインを差し置いて一番になったワインだそうです。
脚光を浴びた「おくりびと」の撮影で上山や庄内がロケ地になったこともあり、大変盛り上がっている山形県、そのパワーをたっぷりいただいて帰ってきました。
この熱い想いは、かみのやま温泉の熱い湯を堪能したからではありませんね。

  1. 2009/03/02(月) 08:37:58|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック