コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

頑張れ コカリナメッセンジャー

先日岩手県久慈市の方からコカリナのご注文を頂きました。
お話をしていると、コカリナの盛んな長野県から転居してきたところ、コカリナがまったく知られていないことに驚いたそうだ。
講師資格はお持ちじゃないそうですが、コカリナの魅力を何とか知っていただきたいとの思いで一念発起、公民館や友人に働きかけている所との事でした。
コカリナ空白地帯とでも言うべき地区で広めていくことはなかなか大変なことです。
そこで、コカリナをお届け方々、講座の進め方などの相談に伺うことにして28日に行って来ました。

久慈市は琥珀で有名ですがそれ以外はあまり知識がありませんでした。
朝6時半に工房を出発し、東北道を北上。滝沢ICで一般道へ。
途中、啄木の故郷で知られる渋民から岩手山が綺麗に見えました。

kuji1.jpg  kuji2.jpg

山越えの道すがら平庭高原の白樺林を抜けましたが、2日前に降った雪がまだ残っていました。

kuji4.jpg

打ち合わせの公民館には10時に到着。
公民館側では講座を開くにあたってコカリナの名称使用を心配していらっしゃいました。
准講師の資格で私がお手伝いしますので、日本コカリナ協会に連絡していただいて大丈夫ですとお伝えいたしました。

コカリナの音程のとり方など独特な点がありますので、正しい知識を持って指導して欲しいとの日本コカリナ協会の考え方は理解できます。でもコカリナを大勢で楽しみたいという、営利を目的としないこのような講座等の名称使用に関してはフリーにした方がコカリナファンは増えると思うのでが・・・・・。その上で留意点などの情報発信を協会としてきめ細かく行っていく方が良いように思えます。オカリナがのびのびとサークル活動を行なっているのを見るに付けコカリナの不自然さを実感しています。
登録商標の存在は認識しつつ、コカリナの普及を願う意味で検討いただければ幸いです。

打ち合わせの後、コカリナに興味を持っている方たちが福祉センターに集まっているとの事なので移動。そこのレストランで演奏をお聞きいただきました。
曲目は、浜辺の歌・夜明けの歌・さくら(森山直太郎)・愛燦燦
その後リクエストで桜貝の歌・琵琶湖周航の歌・
6月の開講までに何人の方が参加されるでしょうか。

さて、帰路は45号線を海岸に沿って南下。
宮古では浄土ヶ浜に立ち寄りました。

kuji5.jpg kuji6.jpg

気持ちの良い風に春を感じました。




  1. 2009/04/30(木) 08:20:40|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大嶽山興福寺の稚児行列慰労会にて

平安時代に創建された大嶽山の稚児行列が26日に催されました。
本来ならばこのような風景が見られたはずでした。

ooakesan4.jpg

ところがあいにくの雨でお稚児さんたちはバスに乗って観音堂にお参りと相成りました。
その後の慰労会にハンガリーの風が招かれて行ってまいりました。

oodakesan2.jpg

ご両親やおじいちゃん、おばーちゃんも楽しみにしていましたが、主役はお稚児さん。
そこで曲目は
   さんぽ・崖の上のポニョ・猫の恩返し・大きな古時計。さくら(森山直太郎)・
   四季の歌・   最後にお年より向けに 高原列車は行く

oodakesan1.jpg

例年は踊りの鑑賞だったそうで、皆さん新鮮な気持ちでコカリナとギター・キーボードの演奏を聞いてくださいました。
伐採された木を大切にしてコカリナが作られていることなど、コカリナの背景を皆さんに知っていただいたコカリナメッセンジャーとしての1日でした。
  1. 2009/04/29(水) 08:26:15|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の土曜日

昨日の金曜日は気持ちよく晴れあがって、遅咲きの工房の桜もやっと開花しました。

IMG_0507.jpg IMG_0508.jpg

一転今日の土曜は朝から雨です。
仙台市役所前の市民広場でケヤキ作品展が開催される日です。
雨天決行なので8時過ぎに会場へ。

sakuhinten.jpg

飾り付けをまず終えました。
今回は、ソプラノ・アルト・バリトンを展示しました。
試作品として、トリプルコカリナ、ペンダント「コカちゃん」、障害者用改良ソプラノも一緒に並べてみました。
一枠90cmのテーブルに皆さんそれぞれの作品が並んでいます。
右隣はイワナ・アマゴ・カジカのカービング。魚体のひねり具合や色合いは水に話したら泳ぎだそうと思えるほど素晴らしい出来。感心しました。
左側の方はケヤキの彫刻。木目を生かした迫力ある作品でした。
親子劇場の方たちも黒坂さんのコカリナを展示して、1月にスタートしたばかりの合奏団の方々が
熱心に演奏をしていました。
お隣の染色家の方とお話をしていましたら、私が日頃旋盤やボール盤で削っている材料の切粉やおが屑がせんしょくにとてもいいとの事でした。私にとっては廃棄するだけのものでしたので、こんどからためておいてお送りする約束が出来ました。
資源が限りなく循環されることがエコに繋がります。
このような場に出向くことで新たな人の繋がりができました。

  1. 2009/04/25(土) 18:23:21|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

地方再生の波動

山形県鶴岡市湯温海地区にお住まいの「百年の情熱」さんから、お願いしていた桑と桜の木材が届きました。

庄内地方は養蚕業が盛んでしたが、その衰退とともに桑の木が「おくりびと」の風景の中に朽ち果て切り捨てられてきました。又昭和26年の温海温泉大火の復興記念に植えられた桜が、くらしのみちゾーン整備事業で一部が伐採されました。これらの使命を終えた古木を、ふたたび人間の暮らしに役立つ美しいものにしましょうと、スプーン・バターナイフ・箸等の製作に取り組んでいるのが、「百年デザイン研究所」です。長い間人々の生活を支えたり、春の訪れを告げてくれた一本一本の木の命を丁寧に再生していらっしゃいます。

「百年デザイン研究所」代表の百年の情熱さんにお会いしたのは2月28日に山形県上山市で開催された「元気な風展」でした。上記の考えで作られた器などを拝見して、主旨を理解し、これらの木でコカリナを作って見たいと思い、ご相談しましたら快く引き受けていただきました。
届いた木材を早速製材してみました。

庄内の桑と桜

この木からどんな音色が聞けるか楽しみです。
それを吹く百年の情熱さん達のお顔を想像しながら作ってみます。

百年の情熱さんの地方再生にかける情熱、考え方、行動力はご自身のブログから充分に汲み取ることが出来ます。又文中に出てくる庄内弁が又魅力たっぷりです。
方言の良さをオラも見直して使わねばなんね。ブログリンクすっから、関心持った人、見でけらいん!

   地方再生 百年デザイン研究所
  1. 2009/04/19(日) 08:35:43|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜回廊

アラ還と言って来ましたが今日アラウンドが取れました。
新たな気持ちでスタートです。

ここ数日は桜を追いかけていました。

13日、夜桜を見に市内にある化女沼の公園へ
   
化女沼の桜1 化女沼の桜2

14日、曼珠沙華でも有名な羽黒山公園
   羽黒山

16日、登米市南方の桜のトンネル

   登米市南方 IMG_0486.jpg

今朝、市内岩出山にある伊達な木彫り塾と街道沿いの桜
分校跡のこの校舎で木彫りを学んでいます。8月には仙台の東北電力ビルのグリーンホールで先生と塾生の火面展が開かれます。詳細は後日掲載いたしますが、仙台七夕と重なります。全国の皆様、是非お越し下さい。

  伊達な木彫り塾 IMG_0491.jpg IMG_0494.jpg

回りはこんなに満開というのに、工房の桜はまだ蕾が固い状態です。
筆者に似て晩生なのでしょう。 (~_~;)

 



  1. 2009/04/17(金) 08:03:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

水芭蕉

工房から車で45分ぐらいの所、舟形山の麓に荒沢湿地があります。
水芭蕉が見頃と聞き、日曜日なので早起きして行ってきました。
現地に着いたら大正解、まだ誰も来ていません。
木道に沿ってぽくぽく進むと水芭蕉の群生が見えてきます。

IMG_0466.jpg

凛とした空気の中、ウグイス始め様々な小鳥の鳴き声が響いています。持ってきたコカリナで「夜明けの歌」を吹いてみました。すると小さな鳥が沢山寄ってきてこずえの上でおとなしく聞いています。「マイフェアレディー」「木立をぬける風の音」「花の街」を誰もいないのをいい事に続けざまに吹きました。小鳥はじっとしてとどまっています。素晴らしい聴衆を相手に充分楽しみました。これだからコカリナは止められません。帰ってから調べたら小鳥の名前は「キクイタダキ」でした。日本で一番小さな鳥だそうです。

下界では桜が満開に近いと言うのにこの当りは空気がひんやりしています。
それもそのはず、雪がまだ残っています。

IMG_0467.jpg

幹の色変わりのところで根雪の深さが分かります。

IMG_0468.jpg IMG_0469.jpg IMG_0463.jpg




  1. 2009/04/12(日) 10:15:27|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

指穴の工夫

合奏団の仲間の方から、右手中指が動かなくなったとのお話を聞きました。
原因は腱が切れてしまったとの事。他の部分の組織から移殖という手術が必要とのこと。
コカリナを諦めようかと思っていたそうです。

何とか考えてみましょうと返事していろいろやってみました。
左手の中指で2つの指穴を操作する方法とか、右手人差指で操作する方法も。
お試し用に作っておいたコカリナに埋木して試した結果写真の作り方が一番
使い易く音程も安定した。指穴の位置をちょっと動かすだけで音程が下がってしまう音もあるので
どうかなと思ったのですがクリア出来ました。

IMG_0455.jpg

リュウマチで左手も自由度が減ってきているとの事。
そういう理由で好きなコカリナを止めてしまわない様、出来るだけの対応を行なっていこうと
思っています。

薬指の押さえが利かないとか重さを支えきれないとかの声も聞きます。
合奏団の佐藤先生に相談しましたら良いアイディアをいただきました。
押入れなどをクローゼット代わりにする伸縮自在のツッパリ棒で床から支えたらとの事です。
カーテンを吊す細い伸縮棒もありますので、マジックテープで本体と接続すれば体力のない方でも
バリトンコカリナも楽しめると思います。

いろいろ工夫すればもっと大勢の方がコカリナを楽しめそうです。
お困りの点がありましたらどうぞご相談下さい。
  1. 2009/04/08(水) 11:03:18|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

梅園は春

暖かな日曜日の早朝、梅農家の梅園に行って見ました。
車を降りた瞬間から、フワーっとした香りが一杯です。
風も心地よく、深呼吸のなんと気持ちのいいことでしょう。

まだ観光客のいないうちに、ゆっくり梅園の中を散歩しました。

IMG_0434.jpg IMG_0436.jpg IMG_0440.jpg IMG_0444.jpg

IMG_0441.jpg

行き帰りの道端には水仙が沢山咲いていて、東北の春はこれから次々と駆け足でやってきます。


  1. 2009/04/05(日) 08:25:57|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

感謝の気持ち

確定申告の真っ最中に創業以来4年目を迎えました。
お求め下さいましたお客様・合奏団の仲間の方・貴重な木材を提供してくださった方々・コカリナ製作者の方々など、大勢の方々に支えられて着実に歩んでこれました。
心から御礼申し上げます。

それぞれの方への感謝の気持ちを形にしていこうと思っています。
その第一弾としてお客様への特典をホームページ「コカリナ工房森の精」に明記いたしました。
ささやかではありますが、今出来ることからスタートです。

話題は変わりますが昨年仙台市の青葉通りの欅が地下鉄工事の為に伐採され、その木を市から譲渡していただいたことは以前書きました。その木を譲り受けいろいろな作品に製作されたものを、ご覧頂くことになりました。「青葉通りケヤキ材を活用した作品展示」として開催されます。

4月25日(土)10:00~16:00
勾当台公園市民広場の新緑祭会場

わたしももちろんコカリナを展示いたします。
ソプラノ・アルト・バリトンそして試作品ですがトリプルコカリナの4種類を持っていきます。
その場で吹いて音色もお聞きいただこうと思っています。伐採された欅の声と言っては暗くなってしまいますが、市民の生活を便利にする為に切られた木が、コカリナに生まれ変わって生活に潤いを与えてくれると思っていただければ幸いです。

青葉通りケヤキで作ったトリプルコカリナです。

青葉通りケヤキ







  1. 2009/04/02(木) 08:05:00|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック