コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

今年も見れた駒形

昨年6月の宮城・岩手内陸地震でズタズタにされた栗駒山です。
でも今年も綺麗に駒形が出ました。
がけ崩れで形状が変わって見れないのではと内心心配していましたが、自然界は
逞しいものです。この姿を見てホッとしているのは私だけではないと思います。

IMG_0624.jpg
  1. 2009/05/19(火) 13:08:35|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素晴らしかったアルプホルンフェスティバル

地元大崎市鬼首で第2回オニコウベ・アルプホルンフェスティバルが開催されました。
初日の昨日(5月16日)カメラとハンディーレコーダーを担いで行って来ました。
まずは壮観なショットから。

IMG_0604.jpg

ホルンクラブは長野県大桑村・駒ヶ根市・横須賀市・平塚市・栃木県那須市・山形県南陽市・福島県新地町から7団体、ヨーデルクラブはヨーデルチロリアンとNHKヨーデル講座受講生・オニコウベのコーラスグループ。ゲストにヨーデルの盛んな韓国から韓国アルペンヨーデル「KAMERADEN]の皆さんの参加で賑やかに行われました。

開会式のファンファーレは

IMG_0589.jpg

残雪の残る禿岳をバックに重厚な響が広がりました。思わず拍手!

ヨーデルチロリアンの佐藤さんのアバウトな真面目さで司会進行。
各団体が次々と演奏を披露してくれました。

アルプホルンの長さは4,3mもあるのですね。近くで見るといろいろな飾りが施されています。

IMG_0581.jpg

長野県木曽郡大桑村からは大桑アルプホルンクラブが参加していました。
アルプホルン製作者でもあるコカリナ製作者の羽根さんに初めてお会いすることが出来ました。
地元の森林資源であるヒノキでコカリナ・アルプホルン・三味線を作っていらっしゃいます。
コカリナ製作の先輩とお話が出来て嬉しい一時でした。

IMG_0594.jpg

広い鬼首高原に響くアルプホルンのユッタリした音色に日頃の忙しなさが洗われるようでした。

韓国の方々のヨーデルは素晴らしいハーモニーでとても楽しそうに歌っていらっしゃいました。
chunestherさんのソロは特に素晴らしく、うっとり聞きほれました。

DSC_2064.jpg

演奏が終わってからアルプホルン体験会がありました。
小僧と私はもちろん参加しました。

DSC_2088.jpg

ブラバンでユーホニュームを吹いていましたが、マウスピースはほとんど同じ大きさでしたので音はすぐに出ました。高音は楽に出ましたが魅力の有る重低音は出せませんでした。やはり練習が必要ですね。

録音もしたのですが、風の音が邪魔して聞きにくいので今回は諦めました。

IMG_0603.jpg

市町村合併でこういう素敵な場所が市内になったというのは嬉しい事です。





  1. 2009/05/17(日) 09:33:21|
  2. コカリナ
  3. | コメント:6

山形県温海温泉地区の桑と桜のコカリナ

4月19日の記事で、山形県鶴岡市の「百年の情熱」さんから桑と桜の木材を送っていただいたことは詳しく掲載いたしました。
その材で作ったコカリナが完成いたしました。

IMG_0555.jpg

桑は写真よりも黄色味が強く可愛らしい色合いです。
桜は見た目どおりどっしりしています。
これらの木の謂れは4月の記事をご覧下さい。
桑の柔らかな音色と桜の凛とした音色はこちらでご確認下さい。

       桑と桜の音色へリンク

温海温泉のくらしのみちゾーンはとてもすてきな街並みになりました。
これだけ地域の方々の為になった整備事業であれば、伐採された桜も納得するのではないでしょうか。そして地元からお預かりした桜が音楽を奏でるコカリナになって温海温泉に帰ろうとしています。
温海地区の方にどのように迎えられるか楽しみです。
この場所で、伐採された桜材のコカリナコンサートの企画が持ち上がっています。
  1. 2009/05/08(金) 16:37:16|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コカリナ工房での風景

穏やかな祭日、工房の庭では沢山のたんぽぽが暖かな日差しを浴びていた。
風が吹けば飛び散るであろう綿毛をアップで1枚。

5-5-2.jpg

外来種に攻められて在来のたんぽぽが減少していると言われている。
花びらの裏側をチェックしてみた。在来種では総苞外片が上向きで内片に完全に圧着しているものが多く、外来種は総苞外片が横か下に開いているという区別の仕方でみると、工房の庭では入り混じっていてほぼ半々のようだ。
在来種保護のために手を加える事を提唱する専門家もいないようなので、自然の流れに任せるしかないのだろうか。

夕方、西の空に沈もうとする太陽をバックにくぬぎの木のシルエットに魅かれてシャッターを押した。

5-5-3.jpg

なんとなく映画「風と共に去りぬ」の前半のラストシーンを思い出した。
  1. 2009/05/05(火) 20:44:03|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

みどりの日は植物園の日

Tシャツが心地よい陽気になった今日5月4日、東北大学植物園でこの日だけの音楽会が催されました。
「みどりの日」であるこの日を2007年に日本植物園協会が「植物園の日」に制定しました。
それを祝って特別にこの日だけ、園内で音楽会が開催されてきました。
仙台コカリナ合奏団は第1回目から参加させていただき、今回が3回目です。
今年は園庭ロックガーデンで後ろに池と山を配した芝生がステージです。
当日ご一緒した佐藤団長さんのブログ「木の笛のつぶやき」もご覧下さい。
詳しくは企画から当日の司会まで参画されているフリーアナウンサーの渡辺祥子さんのブログひつじ雲に乗って」をご覧下さい。
東北大学リコーダーアンサンブル・篠の音の皆さんの篠笛演奏・ロスミド・アンディーノの皆さんの
フォルクローレ演奏に続いて、我々の出演でした。

midori.jpg

11名で参加、山がホリゾントの役割をするのか岩に反響するのか、とてもクリアな響きが中庭の方に
広がっていき、とても快適でした。

midori2.jpg


演奏終了後に、いつもお一人で吹いている方がいらっしゃって、今度見学にいらっしゃる事になりました。団員になってくださったら嬉しいです。
アンサンブルとしてはまだまだと思いますが、コカリナの魅力をお伝えする事が出来ればとの
意気込みで皆さん頑張っていらっしゃいます。
これからの活動にもご期待下さい。
次回ステージは6月7日の仙台とっておきの音楽祭です。
  1. 2009/05/04(月) 21:31:01|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花の丘

季節の彩りを感じるときがあります。
コカリナ工房のある大崎市の三本木地区にあるこの丘に立てばスッキリした黄色一色。
とても開放感があります。

   IMG_0540.jpg IMG_0542.jpg

200万本とも言われますが、数えた人はいないはず。単位面積あたりの本数から割り出すのでしょうね。夏になるとここはヒマワリの丘に変わります。
遠く奥羽山脈の船形山が見えています。
GWの日中は賑わうことでしょう。
菜の花クッキーおいしいですよ。
  1. 2009/05/01(金) 07:50:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック