コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ヤマナシとコブシ

しばらくブログ更新を怠っていました。
ギックリ腰の再発ででどうにもならず・・・無理は禁物ですね。

その間に森の小僧が工房の前を耕すというよりは開墾して一坪ほどの畑を作ってくれました。
ピーマン・トマト・ナス他になにやら種を植えたものから双葉が出てきました。
毎朝工房に来てする日課は、小鳥へのえさやりに加えて野菜への水遣りとなりました。

hatake.jpg


この間の通院で内臓の不調も見つかりました。
今度ばかりは体重を落とすようにとの厳命でやっとその気になりました。
昨日まで3.5kg減。間食をやめ、炭水化物を減らし、過食を抑えてと当たり前の事だけですぐに体重が落ちました。不定期だった散歩も加えて健康な体力を取り戻そうと反省の日々です。

先日宮沢賢治の研究の傍ら、読み聞かせを行なっていらっしゃるUさんから、賢治の童話に因んだヤマナシとコブシの木でコカリナ製作を依頼されました。幸い遠野市で家具製作をおこなっていらしゃる木暮工房さんが材料をお持ちとのことで、先日お邪魔して分けていただくことが出来ました。

usamisan.jpg

どんな響か明日の完成が楽しみです。


  1. 2009/06/25(木) 07:22:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

とっておきの音楽祭と全国植樹祭

昨日7日仙台とっておきの音楽祭が開催されました。
「とっておき」とは一人ひとりがかけがいのない存在であり、音楽の力であらゆる個性が輝いて欲しいという願いが込められた音楽祭です。
合言葉は、「みんなちがって みんないい」
仙台の繁華街を中心に、22ステージで226団体が演奏を繰り広げました。
私たち仙台コカリナ合奏団も参加致しました。

P1010033.jpg

今回で5年連続の参加となりました。
今年は私なりにもメッセージをお送りできたと思っています。
昨年地下鉄工事の為に伐採された青葉通りのけやきで作ったソプラノ・アルトバリトンコカリナを全員にお渡しして演奏することが出来ました。またこの日の為に、団長さんが「けやきの子守歌」という曲を作ってくださいました。この曲と青葉通りコカリナの音色をどのように受け止めていただけたことでしょうか?

県内の合奏団仲間の塩釜コカリナ合奏団の皆さんも、音が綺麗に揃った楽しい演奏をお聞かせくださいました。

P1010010.jpg


この日川崎市からわざわざTさんが仙台までお越しくださいました。
先日お電話を頂き、永く住まわれた家を解体したときに、廃材をコカリナにして思い出を残そうと考えられたそうです。3年前に私の工房活動がTVで紹介されたときにたまたまご覧になり、覚えていてくださったそうです。お電話をいただいたときにこの音楽祭に参加することをお伝えしましたら、ご都合をつけて来仙してくださいました。バッグから床柱をカットした重い材木が出てきたときはビックリしました。
これで作れるか確かめたいとのお気持ちから持参されたとのことでした。
ご家族が住み慣れた家、子どもさんが育った家、その思い出の家の木材から作ったコカリナを、お子さんとお孫さんそれぞれにお渡ししたいというお気持ちに、しっかりお答えしたいと思います。

帰宅すると「辻堂の暮らし」のわかめさんからコメントが入っていました。
全国植樹祭で皇后陛下がコカリナをペンダントのように下げて、式典に参加されていらっしゃったとのことでした。とても嬉しいニュースでした。さっそくVTRで式典の様子を拝見しました。
記念樹をお手植えされる際にもコカリナが揺れていました。
皇后様がコカリナを演奏されることは聞いておりましたが、木を慈しむお気持ちが現れたシーンに
感動しました。
黒坂さんの指揮で演奏する地元のコカリナ合奏団の演奏も心地よく響いてました。
皇后陛下が作曲された「おもひ子」という子守歌をご存知でしょうか?
団長さんがコカリナ合奏用に編曲していらしゃいますのでご紹介いたします。
左側のリンク先にある「木の笛のつぶやき」を開き、ブログ内検索でご覧下さい。
優しいお気持ちが伝わってきます。多くの方に演奏されたり歌われることを願っております。
  1. 2009/06/08(月) 09:24:36|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

休日の木彫り

昨日は木彫り教室の日。午後から参加してきました。
今全員で近づいてきた火面展に向けて作品つくりに熱中しています。

火面展ご案内 (仮面ではありません)
  大崎市岩出山にある伊達な木彫り塾の先生と塾生による展示会です。
  火の神=釜神様として古くから台所のかまどの近くに祀られてきた面ですが、
  住宅の近代化とともに見かけなくなってきました。地元大崎地区に広く分布
  してきたこの文化を伝承し、彫刻としての芸術性を加味した面作りを提唱する
  千葉照男先生の下に集うわれわれの作品展を七夕祭りの期間でにぎわう仙台市で
  開催いたします。

伊達な木彫り塾作品展
期日: 2009年8月4日~9日 10時~17時
会場: 仙台市青葉区 東北電力ビル1Fグリーンプラザ

この機会に是非ご来場下さい。

これに出展する為に制作中の作品です。

IMG_0627.jpg

3作目の面です。まだまだ掘り下げて立体感を出さないといけません。


  1. 2009/06/01(月) 07:50:37|
  2. 木彫り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック