コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

迎春

コカリナ工房森の精も4年目の正月を迎えようとしています。
2月で創業から5年目に突入です。
昨日正月飾りのリースを取り付けました。
工房の竹林から笹を切り、松の枝を切り取ってリースに巻き付け、赤い実はなかったので赤の紐でアクセント。
簡単ですが、真ん中にはイチイ材のアルトコカリナが鎮座まします。

IMG_0998.jpg


今年もいろいろなことがありました。
又素晴らしい人々との出会いもありました。
コカリナ製作・コカリナ演奏を通じて人の輪が広がり、思ってもいなかった方向に
物事が大きく展開する妙味に感激も度々ありました。
来年は更に広がる予定も入っています。
健康に留意してより良いコカリナ製作に邁進いたします。

本年賜りましたご厚情に深く感謝を申し上げます。
有難うございました。
来年度もご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

皆様良い新年をお迎え下さい。
  1. 2009/12/31(木) 11:30:44|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

津軽弁の日

毎年10月23日に開催される「津軽弁の日」をご存知ですか?

方言詩人の高木恭造さんの命日に、津軽の人たちが、自分たちの気持ちを一番良く表現できる
津軽弁の味を忘れないようにと始められたそうです。
今年も当日のCDが発売されたので早速取り寄せました。

IMG_0997.jpg


ジャケットの”津軽弁の日制定にあだって” には下記の様に書いてあります。

「ンだびょん。んでねが。かちゃまし。」おらンどには、なんたて津軽弁があンずまし。ほがのどごの
人達喋る言葉コも良ばたて、いざどっこいどなれば、やっぱし津軽弁がさっぱどしすのし。
したンども、なもかもうるめその津軽弁も、遣ねでればだんだネ忘えらさてまで、そのうぢあンずましぐ
喋エねぐなったりへば、へっかくの”津軽弁”もあめでまるンた気ァしてやだらあンちこどだ。
(途中省略)
したはでいま、こどげに「津軽弁の日」ズのをこへで、みンなしてその味コ消さねにすべしって、
面白可笑しく騒いで遊ぶことにしたのし。」 

津軽弁を使っての、短歌・俳句・詩・川柳・体験記の5部門で全国から公募し、優れた作品を
いなかっぺいさんや野津こうへいさんなどの津軽弁の名手とも言うべき人たちがアドリブを交えながら
ユーモラスに紹介します。いまでは海外からも応募があるそうです。

このイベントは、数年前に出張中の青森で偶然その放送を聞いて知りました。
津軽への愛着・郷愁、人々の優しさとユーモアなどが織り込まれた作品の数々に、笑いと涙無しには
聞けません。
宮城弁の中で暮す私でも二割ぐらいは理解出来ないところもあります。でも雰囲気や解説で誰でも充分に
理解できると思います。

その津軽弁の日が年明け1月に東京で開催されるとのことです。

主催 津軽弁やるべし会
期日 1月28日 午後7時開演
会場 港区のメルパルクホール
前売り券 4000円 当日券4500円 ローソン、チケットピアなどで扱っているそうです。


津軽弁の日のCDは、川柳ストア さんで扱ってます。
   http://www.okajoki.com/store/shipping.php 
勝手に販売応援しますが、超お奨めです!

  1. 2009/12/30(水) 09:33:03|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二つのクリスマス会

先日のクリスマスは2ヶ所でコカリナを演奏させていただきました。

24日 登米市南方の子育てサポートセンターのクリスマス会

    みんなでクリスマスソングを歌った後、保育士さんたちの
    コカリナ演奏をお聞きしました。
    ソプラノとバリトンのアンサンブルで、ジングルベル~聖者が町にやってくる~あわてんぼうのサンタ
    クロース~ジングルベルのメドレーを楽しみました。
    忙しい中でこの日の為に練習した成果が現れていて、楽しく聞かせていただきました。

IMG_0972.jpg

    コカリナの音色に興味を持ったチビッコが近くに寄ってじっと見ているので、保育士さんのほうが
    恥ずかしそうでした。

    この後私も飛び入りさせていただきました。

IMG_0985.jpg


25日 南方福祉作業所あやめ園のクリスマス会

    チームワークの良さが現れたハンドベルの演奏には大きな拍手が沸き起こりました。

ayame3.jpg

ayame2.jpg


    一人ひとりの手作りのコーヒー茶碗の紹介もありました。
    可愛らしい色使いや商品に出ていそうな作品もあってすごいです。

ayame4.jpg


    その茶碗でコーヒーとケーキをいただきながら、”ハンガリーの風”の演奏をお聞きいただきました。

    キーボードのkさんとギターの Oさんは地元でのこれまでの演奏活動が認められていてファンの方も
    いらっしゃいます。お二人に恥ずかしくないように私も頑張らねば!

ayameen2.jpg


    この日のプログラムは、野に咲く花のように、ムーンリバー、影を慕いて、聖夜、四季の歌
    いい日旅立ち、なごり雪、最後に北国の春でした。
    いい日旅立ちは先日の反省からトリプルに収まるまるように移調して無事に終えました。

    所長さん始め職員の方たちもコカリナに興味を持って下さり、始める事になりました。
    コカリナを含めたアンサンブルであやめ園の皆さんが音楽をますます楽しんでくださいますように!
  1. 2009/12/28(月) 18:18:43|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そして今朝

昨日は塩釜コカリナ合奏団の今年最後の練習に参加させていただきました。
今年の夏ごろまでは斉奏中心でしたが、今回伺ってみましたらソプラノ・アルト・バリトンでの合奏曲を
こなしていらっしゃいました。
新年の元旦には地元塩竈神社の年始祭に参加して初詣で賑わう境内で演奏をされるそうです。
コカリナの魅力を大勢の方に知っていただこうと2年前から参加していて、今回で3年連続になります。
当日の演奏曲の「越天楽今様」はポルタメントでまるで雅楽のような響を醸していてとっても面白いです。
きっとうけることでしょう。
「コカリナの風」をご紹介して皆さんにお求め頂きました。


普段家族揃っての食事が難しい我が家ですので、せめてお正月だけでも一緒にと思いますので私は遠慮させていただきます。
行きも少し吹雪いていましたが、薄暗くなった帰り道は雪も激しく降ってきて、沢山積もるだろうと思いながらの帰宅でした。
でも意外に大した積雪も無く、今朝も工房では羽毛を膨らませて雀が待っていました。

IMG_0964.jpg

IMG_0965.jpg
  1. 2009/12/20(日) 08:31:15|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の朝

昨晩帰宅する頃に降り始めた雪を心配していましたが、少しの降雪ですんだようです。
お隣の山形県鶴岡市では1mぐらいの積雪とか、除雪が大変だろうと思います。

今朝の工房は

IMG_0962.jpg

工房から沼へ下りてゆくいつもの散歩道です。

IMG_0963.jpg

緩やかな坂道ですが、急ぎ足で戻る時はけっこう息が切れます。
運動不足解消で歩いています。
  1. 2009/12/18(金) 09:11:48|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うたごえ喫茶

一時下火になったうたごえ喫茶が賑わってきていると先日のNHKラジオが報じていました。
各地でその灯を絶やさないようにしようと頑張っているオーナーさんや応援団の方たちの努力が実ってきているのでしょう。

石巻市の喫茶店「モミの木」さんで毎月1回のペースで開催される「うたごえ喫茶」に昨晩「ハンガリーの風」がゲストとして招かれました。
第235回ということですので、もう20年になろうとしています。
これだけ続けるには主催者・お客様・会場主の協力が不可欠で、頭が下がる思いです。

IMG_0955.jpg

全員で軽く歌った後、いよいよゲストタイムです。

この日用意したのは、「野に咲く花のように」「ムーンリバー」「影を慕いて」「聖しこの夜」「白い恋人たち」です。

IMG_0958.jpg

後から主催者さんに「いろいろな曲想の曲を聞けて得した気分」とおっしゃっていただけたように。バラエティーに富んだプログラムでお楽しみ頂きました。

IMG_0957.jpg


「影を慕いて」にはバリトンを使いたいと思いました。でも最高音はソです。トリプルでも対応出来ないので短管を外し、親指の孔を開けないソプラノを作りジョイントしました。これで右手はバリトンを乗り越えての運指が楽になります。
ここまでは上手くいきました。

ところが、アンコールの曲で「いい日旅立ち」が候補に!
さー大変です。最高音は”シ”。
エイヤーの気合で左手親指の孔を開けました。
これがいけませんでした。管移動のとき運指がまとまらなくなり当日もアンコールの自分のパートは散々な結果に・・・。
お二人にご迷惑をお掛けしてしまいました。
皆さんごめんなさい。
  1. 2009/12/16(水) 07:51:59|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

恒例のイルミネーション点灯

「今年はイルミネーションまだなの?」と度々聞かれるようになった。
通勤帰りに眺めている人が結構いるようだ。

昨日は仙台の光のページェントも始まった。
家もうかうかしてはいられないと、一昨日の晩に急遽打合せをした。
なにしろ森の小僧の年間スケジュールの中にはきっちり入っているのですが、なかなか腰が重くて
切羽詰ってやっとと言うのがいつものパターンです。

夏にグリーンカーテン用に作った木枠を利用して、その3つの額縁にはめ込もうと言う事に決定。
一つめは以前作った直径1m近いジャンボリース。
真ん中には梯子を上るサンタさんを急遽購入。トナカイは適当なのが無く、作ることに。
3つめはクリスマスツリーをあしらう事に。

今日の午後から取り付け開始して、4時前に完成。
待つこと1時間あまり、5時ちょっと過ぎにタイマーが作動して点灯!

あれれ? イメージと違ってそれぞれが曖昧にしか見えません。
急遽LEDを追加してなんとか写真のようになりました、

点灯式2009

リースのイメージはお伝えできると思うのですが、梯子を昇っているサンタさんはもっとアップにしないと分かりませんね。トナカイやツリーもイマイチですが、もう寒くて今日はギブアップです。
近いうちに修正致しましょうぞ!

IMG_0954.jpg

IMG_0950.jpg
  1. 2009/12/13(日) 20:42:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

床柱から作ったコカリナ

お客様からお預かりしていた床柱で、依頼されていたコカリナが完成しました。

自分たちの子供時代の思い出が一杯詰まったお住まいが解体される際に、コカリナにして
兄弟姉妹にお贈りし、記憶に留めておこうと思いつかれたそうです。
発案者のTさんは神奈川県にお住まいでインターネットを使われないとの事ですので、私の工房をどうしてご存知だったか不思議でした。
お聞きしましたら、3年ほど前にミヤギテレビさんで取材放送された内容が後日BSのネットでも流れたそうで、
たまたまそれをご覧になったそうです。
家屋の解体廃材などからもコカリナは作れる話をしましたが、それを心の片隅にしまっておいて下さったようです。

IMG_0941.jpg


わざわざ仙台まで材料の木をお持ちくださいました。
解体された家へのTさんのお気持ちが伝わってくる行動力に感激でした。
失敗するわけにいかないぞと慎重に進めました。

木の種類は私には分からなくて、いつも頼りにしている大工さんのT音装さんに相談しましたら、”さわら”のようだねとの返事でした。
さわら材を使うのは初めてでしたが、木曽五木の一つといわれているようです。
水に強く、適度に水分を吸ってくれるとの事ですので、ツバが溜まってしまうコカリナには向いていると思いました。

IMG_0938.jpg

軽やかな材質に相応しく、柔らかく優しい音色がします。
Tさんのご兄弟姉妹の皆さんに気に入っていただければ嬉しいです。
  1. 2009/12/12(土) 16:46:25|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

探していた樹種

よく見かける割にコカリナを作りたいと思ってもなかなか入手できなかったのが梅です。
また埋れ木も出会う幸運を待つしかないものです。
その両方が手元に届き、感激しています。

「こんなのもってきたけど使えっかねー」と言って親戚の方が30数年前にあった水害のときに流れ着いた木を持って来てくださいました。置きっ放しでも虫もつかず不思議に思っていたそうです。
切ってみるとどうやらケヤキの埋れ木のようです。

IMG_0932.jpg

IMG_0933.jpg

充分に乾燥してますのでコカリナにしたらどんな音色がするかわくわくしています。

そして梅の古木も持ってきていただきました。

IMG_0934.jpg

長い間探していてもこれだけの太さの梅は無かったのでとても感激しています。
  1. 2009/12/04(金) 08:30:27|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地域交流クリスマス会

登米市社会福祉協議会の企画で開催されたクリスマス会に”ハンガリーの風”の3人で出演しました。
キーボード・ギター・コカリナの3人で構成するグループですが知名度も上がってきて、団長の鎌田さんに
演奏依頼がちょくちょく入るようになって来ました。

minamikata1.jpg

この地区では何度か演奏を行なってきましたので、レパートリーを新にしようと望みました。

”野に咲く花のように”””イエスタディ ワンス モア””白い恋人たち”
若いスタッフの方たちには受けてましたが、お客様であるご年配の方たちにはちょっと消化不良の感じ。

minamikata3.jpg

コカリナでウグイスの鳴き声をまねたときには、意外な音色に興味をもたれたようで湧きました。
後半はなじみのある、”浜千鳥””影を慕いて””高原列車は行く”にしたところ、一緒に歌ってくださり
和やかさが一気に高まりました。

minamikata2.jpg


盛り上がった所でアンコールに応えて”北国の春”。
定番ですがあちこちから大きな歌声が聞こえてきて、歌心を満喫していただきました。

写真はスタッフの高橋さんが写してくださって、メールですぐに送ってくださいました。
有難うございました。
  1. 2009/12/03(木) 19:00:00|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック