コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

やまがた元気な風展

昨日素晴らしいポスターが届きました。
6月19日・20日に山形県あつみ温泉で開催される「やまがた元気な風展」のポスターです。

kaze5.jpg


~ 食と職、人をつむぐフォーラム ~ 地域の素材、うつわ、暮らしの技を磨く

というテーマの下に、昨年上山市で1回目が開かれました。
昨年は地域の素材として上山の果樹園で間伐されたスモモ材で作ったコカリナで演奏をお聞きいただきました。
その様子は昨年3月2日の当ブログバックナンバーでご覧ください。

今回は主催者幹事の百年デザイン研究所さんから早々と送っていただいた、公共工事のために伐採されたあつみ温泉の桜材で作ったコカリナで参加させていただきます。
そのコカリナの音色をお聞き頂くだけでなく、あつみ桜のコカリナを販売し、吹きこなせるようにコカリナ教室も開催させていただくことになりました。
コカリナは閉管ですので、唾があまり出ない吹き方が大切です。
又音程を正しく出すための留意点もあります。
これらの導入のポイントはコカリナの魅力を正しく知っていただく意味で必要と思っていますので、それをお伝えできるコカリナ教室は有難い場です。
お近くの方、ぜひお出かけください。
立派なポスターですので工房に掲示するだけではもったいないのでブログでご紹介いたしました。

kaze2.jpg

* 本日ホトトギスの初鳴きが聞こえました。

  1. 2010/05/26(水) 07:43:12|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新作追加

ボコテという木材をご存知でしょうか?
メキシコ;中央アメリカ原産の黄褐色の地肌に黒い縞模様が入った木です。
とても硬い木で以前からコカリナを作ろうと用意していました。

ボコテ2

今日やっと製作を行いました。

ボコテ

この縞模様が気に入っています。
時間とともにだんだん黒褐色に変化するそうですので、上の板材のような色に変化していくことでしょう。

下記のリンク先で音色をお聞きください。
質量があるお陰で低音域がしっかり保持されて響きます。
強い吹込みにも十分答えてくれそうです。

   ボコテの音色

今日はこのボコテ以外に黒柿・バドウクのソプラノも商品ラインナップに追加しました。
「コカリナ工房森の精」の”お店への入り口”でご覧ください。

日中でしたらスカイプで工房に連絡いただければ詳しいご相談が可能です。
クリアな音質と映像で時間を気にせずに打ち合わせが出来ます。
こういうテレビ電話が無料で出来るのですからインターネットは素晴しいです。

スカイプのコンタクト追加検索には  inomata☆morinosei.biz の☆を@に変えてご利用ください。
  1. 2010/05/21(金) 16:45:23|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウワミズザクラ

昨日は暖かな日曜日。
Kさんがご家族で工房に遊びに来てくださいました。
竹林の片隅から出てきた筍と格闘するお子さんの様子は微笑ましくとても楽しそうでした。

takenokogari.jpg

takenoko1.jpg


その折、ご主人が「あれ? 桜のにおいだねー」とおっしゃるではありませんか。
コカリナ工房の1本桜はもう散ってしまってます。
しばらく探していましたが、「こっちにありますよ。ウワミズザクラ」とのこと。
竹林に入っていくと、しろっぽい、ポヤポヤした花が咲いています。

uwamizuzakura.jpg

葉が開いた後に花が穂になって咲く独特の桜だそうです。
こういう桜もあるんですね。
これからは工房も1本桜とは言えなくなりました。

敷地の裏側に回って見ると、畑に面した南側に人の目に触れずにひっそりと咲いています。
遠目にはアカシアのようにみえます。



uwamizuzakura2.jpg

工房もタラの芽、筍、そして蕗が終わると初夏の様相になり、ホトトギスが鳴く季節になります。
最近はホオアカが良く鳴いています。
鳴き声が「ヨッピノハシオチタ」と聞こえると、わかめさんのブログ「辻堂の暮らし」の尾瀬の紀行文の中に出ていましたね。
  1. 2010/05/17(月) 09:03:32|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Webカメラ導入

コカリナ工房のパソコンにWebカメラをセットしました。
何に使うのかって思われるでしょうね。
コカリナのご相談を頂くときに、木の種類を何にするか迷われる方が多いものです。
そのような時は電話口で手元にある樹種で音色をお聞きいただくようにしています。
ただ、頂いたお電話で長話も控えたいので、手短な説明になってしまいます。
また樹種によってはその木の色合いや木目に特徴があるものも多いです。
それを以前からどうお伝えするか課題でした。

そんな折、コカリナ製作を始めて以来親しくしていただいているまんどりっこさんから
スカイプの設定で困っているとの相談を頂き伺いました。
外国に住むことになったお嬢さんとの連絡に良いと思い準備されたものでした。
私も初めてでしたが何とかビデオ通話が出来るように設定できました。

そのときに上記の課題がスカイプを使えば解決することに気付きました。
もちろん相手の方が同様の機材を持っていないといけませんが、インターネットをされる方は
多くいらっしゃいますので、これからのEコマースには欠かせないと思います。
機材もピンキリですが購入したイヤフォンマイク付のWebカメラは2780円でした。
スカイプのダウンロードもすんなり出来てテストもOK.

webcamera.jpg

これでインターネットさえつながっていれば、相手の方と無料でビデオ通話が出来ますので便利です。
携帯でもテレビ電話が出来ますが料金を考えると控えてしまいます。
それがネットであれば長時間でも安心して使えます。

コカリナの音色もじっくり比較していただけるし、パープルハートやピンクアイボリーといった
綺麗な木の色、ボコテの美しい木目等もお伝えすることができます。
これをご覧になられたスカイプユーザーの方で、コカリナに興味をもたれた方から
一度ご連絡をいただければ嬉しいです。

アドレスは、 inomata☆morinosei.biz です。 (☆を@に置き換えてください。)

光回線にして、日中は常時接続にしておりますので宜しくお願いいたします。
  1. 2010/05/15(土) 09:56:47|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

無事に放送が流れました

昨日は放送予定がが10時45分と伺ってましたが、宮田アナのカラーズがスタートする9時から終わりの11時半まで
ずっと聞いていました。

予定通りに夢中人のコーナーが始まり、自分とは思えない声が流れてきました。
ハンガリー生まれのコカリナを説明して、早速音色をお聞きいただきました。
最初は宮田アナのご希望で、樹齢1200年の山形県白鷹町の雪で折れた薬師桜の枝で作ったソプラノコカリナ。
次に仙台青葉通りの地下鉄工事で伐採された欅で作ったバリトンコカリナの順で演奏しました。
曲は、”桜草の歌”と”見上げてごらん夜の星を”

長野オリンピックで伐採された木から作られたコカリナを山ノ内小学校の生徒さんがオリンピックの
表彰式会場で演奏し、「このコカリナはオリンピックのために伐採された木で作られた笛です」と
アナウンスしたことから、自然環境を考えるシンボルとして広まってきていること、私も同様の考えで
製作を行っていることをお話しました。

宮城県には5つのコカリナ合奏団があり、6月6日の仙台とっておきの音楽祭には、仙台・塩釜・石巻の皆さんが
参加してコカリナの演奏を行うこともお伝えしました。
私自身は6月19・20日に山形県のあつみ温泉で行われる「山形元気な風展」で、暮らしの道ゾーン工事で伐採されたあつみ温泉の桜で作ったコカリナで演奏を行うこともお話いたしました。

最後に、いろんな場でコカリナを紹介し、多くの方にコカリナ吹いて楽しんでいただきたいという事と、その気持ちに答えるべく、よりよい森の精コカリナを製作していきたい旨をお話して収録部分の放送は終わりました。

放送を聞かれたリスナーさんからのコメントが最後に放送され、リアルタイムな反応に耳をかたむけました。
私のユーザーさんで青葉通り欅のコカリナを吹いている方や、白鷹町が故郷という方から、薬師桜の音色で故郷を懐かしんでいますとの内容でとても嬉しく思いました。

コカリナの魅力をお伝えする機会を頂き感謝しております。
TBCさんから収録CDが早速送られてきたました。

TBC.jpg
  1. 2010/05/13(木) 22:35:38|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めてのスタジオ取材

昨日宮城県で唯一の民放ラジオ局、TBC(東北放送ラジオ)さんのスタジオで取材を受けました。
先週の5日、朝のワイド番組「カラーズ」の水曜パーソナリティーを務める宮田敬子アナウンサーから電話を頂き、
夢中人のコーナーでコカリナについて取り上げたいとの内容でした。
美里町総合案内所でのコカリナ展示の案内チラシを見て、興味を持たれたそうです。

東北放送


お引き受けして昨日TBCさんに伺ってきました。
案内いただく間に通ったスタジオではロジャー大葉さんの「ラジオな気分」の生放送中でした。
ドアが開いていますのでいつも聞いているロジャーさんの元気な声が筒抜けです。
こうして放送してるんだと思いながら収録スタジオへ。

マイクセットと簡単な流れを説明していただいていざ収録。
コカリナの歴史、廃材などの資源を有効に活用する活動等をお話して、地下鉄工事で伐採された仙台青葉通りのケヤキと山形県白鷹町の雪で折れた樹齢1200年の桜の木で作ったコカリナで演奏をお聞きいただきました。
それぞれの木の音色の違い、魅力を感じていただければ幸いです。
宮田アナのさすがだなーと思う話の仕向け方で、スムーズにお話が出来たと自分では思っていますが、
はたして放送ではどの様になっていることやら。本日の放送が楽しみです。

収録が終わって、以前ブラスバンドでクラリネットを吹いていらっしゃったという宮田アナに、仙台青葉通りのケヤキのコカリナをお渡しすると、きちんとタンギングをしながら綺麗な音で上手に吹きこなしてしまいました。
これには驚きましたね。以前さとう宗幸さんも取材のときにすぐに吹きこなされました。お二人共にブラスバンド経験者という共通点もあり、勘の良さを強く感じました。

宮田アナに玄関までお見送りを頂いてTBCを後にしました。


  1. 2010/05/12(水) 06:49:39|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

楽しかった山菜採り

昨日の日曜日、工房で作業中に電話。
ハンガリーの風仲間の鎌田さんのご主人からだった。
「花泉まで山菜採りに行きませんか?」との思いがけないお誘い。
山菜はタラノメ位しか分からない私ですので、近場で探すしかやったことがありません。
早速森の小僧に電話、美容院行きをキャンセルして急遽参加させていただくことになりました。

集合場所に行くと、奥様と二人のお嬢さん、亜土ちゃんと百音ちゃんに迎えられました。
行き先は岩手県南部にある花泉町、有名な窯元「高鞍釜」のオーナー井上さんの窯のある
敷地というか山の中でした。
県道からわき道に入ると、ところどころに焼き物のオブジェが置いてあります。細い山道を入っていくには
安心な道案内になっています。

この辺の様子はHPでご紹介していらっしゃるブルーサファイアさんの素敵なサイトを見つけましたので、ご紹介いたします。
是非ご覧なってください。
    http://bluesapphire06.com/phot-others/takakuragama.html

誘われるまま何も準備しないで伺ったのですが、鎌田さんがすべて準備していてくださいました。
ハイと渡されたのはまず、山菜採り用エプロン。前の部分がポケットになっていて機能的です。
そして棒の先に長いビスを打ち込んだもの。??? コシアブラの枝を手繰り寄せるときの道具だそうです。
しなる木なので折れずに手繰ることが出来ます。なるほどと関心!
以上の装備で出発。まずは鎌田さんにコシアブラはどれか教えていただくことから・・・。
「あそこにあるからね」と指差されても最初はどれか分からず、目の焦点がコシアブラにピントが合うまで
時間がかかります。カンがいりますね。
はい、山菜取り1年生なのです。

山に入ったのは、鎌田さんのご家族といとこの宇藤さん、陶芸作家の小林さんと我が家の二人の合計8人でわいわい賑やかでした。

CIMG0182.jpg

だいぶお腹のポケットも膨らんできました。
誰ですか?自分のお腹だろうなんて・・・<(`^´)>

途中松の木に可愛らしいきのこが沢山並んでいました。

CIMG0173.jpg

あまり綺麗なので写真に撮っていたら、それは毒だからねと宇藤さんに教えていただき、びっくり!

昼過ぎに終えて、鎌田さんは早速てんぷらの準備。私もコシアブラのヘタ取をお手伝い。
アウトドアの達人の手からはスムーズにタラノメ・コシアブラが揚がっていきます。

kamata1.jpg

シェフカマタの呼び声も出ました。
そして井上さんの楽しいお話も加わって山菜パーティー。
沖縄のミネラルたっぷりの塩をふりかけ、いただきました。
思わず「うまーーい」、春の恵みの味、抜群のおいしさでした。
これにビールが又良く合います。

喰いしんぼーの私、楽しいパーティーの様子を写真に撮るのも忘れて、ひたすら食べて飲んでしまいました。
ごめんなさい。

このように楽しいひと時に誘ってくださった鎌田さんに感謝です。

コシアブラを採ってご機嫌の森の小僧です。

CIMG0180.jpg

  1. 2010/05/10(月) 08:36:29|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コカリナ演奏の紹介記事

5月3日にJRの観光列車「みのり号」車内で行った「ハンガリーの風」の演奏は
以前のブログで掲載致しました。
その時の様子が今朝(9日)の河北新報朝刊で紹介されました。

キーボードの鎌田さん、ギターの大場さんと私の3人が紹介されていたのは良かったのですが、
記事スペースの関係なのでしょうか、リーダーでもある蒲田さんの美しいお顔が写っていないでは
ありませんか。この点が残念でした。
多分元の写真はこのようだったと思います。

minori5.jpg

多彩なキーボードとギターというお二人のプロの演奏に支えられてこそ、私の拙いコカリナもお聞きいただけた次第です。
これからも製作の傍ら、コカリナメッセンジャーとして、機会があれば積極的にコカリナの魅力をお伝えしていこうと思います。
  1. 2010/05/09(日) 06:59:24|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一気に満開!工房の一本桜

コカリナ工房を見下ろす一本桜。
山桜でしょうか、白い花と葉が同時に開きますので、もう葉桜かと思う方もいます。
周りの桜が散った後で毎年開花します。

IMG_1115.jpg


控えめな白い花びらは近づいて見るととても綺麗です。
アップでこそ分かる美しさとでも言いいましょうか。

IMG_1109.jpg

IMG_1105.jpg

IMG_1108.jpg

めったに人の来ない里山の農道脇にありますので、独り占めの感じでもったいないです。
こうしてブログでご覧いただければ桜も本望でしょう。
筍も顔を出し始めたし、タラの芽も・・・おっと食べ物ブログになりそう。
  1. 2010/05/07(金) 07:30:06|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”ハンガリーの風”JR演奏

快晴無風の3日、絶好の行楽日和です。
朝9時から東北本線小牛田駅に集合しギター・キーボード・コカリナの3人で編成している
”ハンガリーの風”のJR列車内での演奏に向けリハーサルを行いました。

準備Okというところで、10時6分発のリゾート列車みのり号を迎えるホームに移動。
みのり号は仙台から東北本線を北上し、小牛田駅から陸羽東線に入り山形県の新庄まで1日1往復のダイアで
快適な旅を提供しています。2年前に宮城デスティネーションキャンペーンで導入された車両です。

monorigou2.jpg

(写真を撮り忘れたので拝借させていただきました。)

3両編成のみのり号ですが、2号車後ろがイベントスペースになっています。
座席は3両で105名の定員。ゆったりした座席はグリーン車並みだそうです。
セッティングを短時間で完了させ演奏開始。

楽しい旅の始まりを”高原列車は行く”でスタートさせました。
車内にはJRさんから歌詞カードも配られていて軽く口ずさむ声が聞こえます。
2曲目は”野に咲く花のように”これもTV放送でおなじみですね。

続いて野舘けい子さんのCD「コカリナの風」から”きつつきポルカ”と”タイトル曲”コカリナの風”を
お聞きいただきました。これは始めて聞かれた様子でした。ご感想をお聞きしたかったのですが、
そうしている間にもみのり号は陸羽東線を西に向けてどんどん走ります。

minori5.jpg


沿線では桜が満開を迎えています。
季節に相応しい曲、森山直太郎さんの”さくら”も演奏しました。
最初は列車の左右の揺れが気になったのですが、慣れてくるとその動きに逆らわずに身を任せた方が
楽なことに気付きました。
”線路は続くよどこまでも”と続き、お子さんの姿も見られましたので、ここで”さんぽ”と”崖の上のポニョ”
を演奏。恥ずかしがって歌ってはいただけませんでしたねー。
次が”川の流れのように”でした。
一番近い演奏者のまん前にいらっしゃった初老のご夫妻がにこやかに歌っていて下さって嬉しかったです。
本当はこの曲,川にこじつけて川渡温泉駅を過ぎたころに演奏する予定でしたが、
マイクなしで長々としたMCもいけないと思い、
曲名紹介程度でプログラムを進めていたので、予定曲を早めに消化してしまいました。
急遽レパートリーから”ふるさと”をお聞きいただきました。
最後にお客様の素敵な旅を祈って”いい日旅立ち”で締めくくりました。

みのり号を鳴子温泉駅で下車。
そのまま階段状のすり鉢のようになっている待合所に移動して演奏準備。

naruko4.jpg
            ここが会場になった待合所です。

小牛田駅からJRのハッピを着て同行してくださったS駅長さんが小牛田から持参した横断幕を
掲示してくださって演奏スタートです。
とても響きの豊かな会場と聞いてましたので、列車での演奏曲に加えてOさんのギターソロの入った曲も
堪能していただきました。曲は”影を慕いて”。じっくりお聞きいただきました。

naruko2.jpg

キーボードのKさんのご家族も同行され、ギターのOさんのご家族も鳴子温泉駅まで駆けつけてくださいました。
暖かい家族と日差しに包まれたGWの楽しい1日でした。




  1. 2010/05/03(月) 16:41:23|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コカリナ体験会

昨日から始まった美里町での「コカリナの展示」企画の中の演奏と体験会が今日行われました。
連休に入り、暖かな陽気に恵まれた今日果たしてお客様はいらっしゃるのか心配でしたが、
お集まり下さいました。

ensou1.jpg

コカリナの生音をお聞きいただきながら、長野オリンピックとコカリナのめぐり合いや、被爆コカリナのこと等をお話させていただきました。
私も地元で地道な活動を行っていますが、樹齢1200年や800年と言われる桜材を送っていただいた話をして、完成したコカリナの音色を披露致しました。
そのコカリナですが、先月24日に「古典桜で作ったコカリナ演奏会」を山形県白鷹町で開かせていただきました。
そのときの記事を山形新聞さんが5月1日付けで載せて下さいました。
著作権があってそのまま載せられませんが、製作者自身がコカリナの素朴な音色を披露し、訪れた人が目を閉じて音色を味わったと紹介されています。

コカリナ体験はお一人希望されて早速吹いていただきました。
持ち方・指押さえを説明すると楽譜を読める方で、すいすい吹きこなしてしまい会場から大きな拍手が
沸き起こりました。勘のいい方に助けられた体験会になりました。

ensou5.jpg

明日はいよいよリゾート列車「みのり号」車内で、ハンガリーの風の演奏です。
お楽しみに!

  1. 2010/05/02(日) 17:14:33|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コカリナの展示始まる

コカリナ工房森の精のある大崎市の隣町、美里町で今日からコカリナの展示が始まりました。
会場はJR東北本線の小牛田駅1階にある美里町総合案内所です。

misato.jpg

駅開業120周年にあたる先月、アイディアマンの小牛田駅長さんの企画の下、記念イベントが盛大に行われました。
昔、柳亭痴楽さんの落語で、「おらーの降りる駅はどこだんべー」と言ったら止まった駅のアナウンスが「小牛田ー、コゴダー」 というのがありました。その駅がこごだ

明日2日はコカリナの歴史や製作にまつわる話、話題の出来事などをお話しながらコカリナの演奏もお楽しみいただくことになっています。

misato1.jpg

又3日にはJRみのり号の車内で「ハンガリーの風」として演奏もお聞きいただきます。
キーボードのKさん・ギターのOさん・コカリナの私の3つの楽器で編成したユニットです。
小牛田駅から乗車して陸羽東線を川渡温泉駅まで演奏をお聞きいただく予定です。
その後鳴子温泉の駅舎内でも演奏を行うことになっています。

時間によって変更はありますが、予定曲も年齢層を考慮してバラエティーに富んでいます。

 高原列車は行く・野に咲く花のように・きつつきポルカ・コカリナの風・さくら・線路は続くよどこまでも
 さんぽ・崖の上のポニョ・川の流れのように・いい日旅立ち

お近くの方、どうぞお出かけください。
  1. 2010/05/01(土) 11:55:29|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック