コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

季節を忘れない曼珠沙華

猛暑の夏と言っていたのはつい先日のことですが、今朝6時に工房に出てきた頃は気温10度。
肌寒い朝でした。
途中に通る羽黒山公園にはいつもの様にこの時期の花「曼珠沙華」が咲いています。

CIMG0575.jpg

CIMG0577.jpg

CIMG0578.jpg

CIMG0580.jpg

管理していらっしゃる方のご努力のお陰で、今年もこの様な景色を楽しむことが出来ました。
有難うございます。
  1. 2010/09/26(日) 07:47:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

1日早いお月見

今日22日は十五夜。
天気予報では曇りか雨ということなので、我が家では昨晩お月見をしてしまいました。
里山にあるコカリナ工房の周りには沢山のススキが自生してますので、その中から茎のしっかりしたものを5本切って持ち帰りました。
庭のテーブルにお供えをして準備OK.

otsukimi.jpg


雲の動きが早く、薄雲に隠れたりでしたが久々に家族揃っての月見でした。

今年は23日が満月とかで、十五夜の一日前はなんというのか調べてみました。
十四夜という言葉はありましたが、イスラム圏では満月のことだそうでどうもしっくり来ません。
この十四夜という名前を使ったいろいろなお店が意外に多いのに驚きました。
  1. 2010/09/22(水) 14:01:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

61歳の同期会

昭和40年3月に卒業した古川中学校の同期会が昨日ありました。
600名を超える卒業生のうち150名の出席でした。

dousoukai10.jpg


前回の同期会から20年ぐらいたったでしょうか。
その間クラス会を行ったところもあったようですが、わが8組はそれ以来でしたので
懐かしさも一入です。49名のうち10名の参加で、驚いたことに6名が亡くなられていました。
80歳になられた恩師の扇先生もご健在で、出席して下さいました。

dousoukai15.jpg

倫理法人会でもお世話になった佐藤俊明君の軽妙な司会で進行していきます。
余興のコーナーで佐藤君が気を遣ってコカリナを紹介する機会を設けて下さいましたので、
ステージで1曲披露させていただきました。

dousoukai11.jpg

扇先生も「あなたがこういう事をやっているとはねー」と喜んで下さいました。

会の終了間際に恩師を囲んで金屏風の前で記念撮影。

DSC04278.jpg

和やかな雰囲気の中2次会へと向かいました。
我がクラスの我妻正君始め実行委員の方々のこれまでのご努力で盛大な同期会が開かれたことに
感謝申し上げます。



  1. 2010/09/19(日) 13:25:24|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薬指押さえ

この写真は何を写したものかお分かりですか?

yubiosae1.jpg

コカリナの持ち方は、底の部分を両手の薬指で押さえ、吹き口を唇に当てて安定させ、
両手の人差し指・中指・親指の6本の指が自由に動くようにします。
先日バリトンコカリナをお求めいただいたご年配の方が吹いている途中に薬指がどうしても
外れてしまい不安定な様子でした。

そこで薬指を差し込んで押さえやすくしようと考えたパーツが上の写真です。
両面テープで貼り付けます。

yubiosae2.jpg

旋盤で削るときに木を10mmほど長めにして、出来上がった丸棒を規定サイズにカットします。
その時の端材がこの様に役立ちますので木はなかなか捨てられません。

指が思うように動かなくなったりしても工夫できることもあります。
以前この様なコカリナも作りました。

yubiosae3.jpg

これは、右手中指の腱が切れてしまい動かなくなった方用に、人差し指1本で中指の分まで押さえが出来るようにしたものです。これだけでコカリナが続けられましたので嬉しい限りです。
お困りの点がありましたら諦めずに一度ご相談ください。
  1. 2010/09/14(火) 08:39:46|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第56回全国こけし祭り

3日から今日まで宮城県大崎市鳴子で全国こけし祭りが開催されてます。

kokesimatsuri.jpg


今回はイチイ材で大変お世話になった秋保のこけし工人鈴木明さんの作品が宮城県知事賞を受賞したと新聞で見て拝見するのを楽しみに行ってきました。

会場奥のステージに受賞作品が並んでいます。

suzuki1.jpg

鈴木さんの作品はほんとにメンコイ顔をしてます。
審査の基準はいろいろあるのでしょうが、表情から漂う雰囲気が一番かわいいなと思いながらみました。
工人さんの作品販売コーナーでも既に予約の札がついてました。

suzuki2.jpg

会場では足踏み式のろくろの実演も行ってました。
ペダルの上下動でろくろの軸を回転させるのですが、方足で進め、もう一方で戻すという労力のかかる方法です。動力が使われる前はこれが当たり前だったそうで、さらに以前はその軸の回転を奥さん方が手でベルトを引いて回していたそうです。往時のご苦労が偲ばれます。

kokeshi2.jpg

コカリナ製作も同じ工程がありますが、今は金属旋盤で0.1mm単位まで調整できます。
昔のやりかたでしたら長年の修行を積まないと円筒形の形すら出来ないでしょうね。

  1. 2010/09/05(日) 08:06:28|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック