コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ななつの雫

前回こぎん刺しのコカリナ袋でご紹介を致しました白土さんが主宰するあけら倶楽部の方々7人の
展示会が、昨日から福島市で開催されています。

nanatsunoshizuku.jpg

会期  6月26日~7月2日  11時~18時
会場  福島市東中央3-4-2 「うえき 和・空間」
    電話 024-536-7039

行けるのはこの日しかないと思い立ち、初日の昨日小僧と一緒に伺って来ました。

ブログでチラッと紹介されていた月をテーマにしたこぎん刺しの大作を拝見しました。
月に掛かる雲の作品や雲に霞む三日月の作品(展示会ぎりぎりまで製作に時間がかかったようです)などなど、一針一針の色使いから素敵な雰囲気が醸し出されて素敵なタペストリーでした。

作品は「うえき 和・空間」さんのブログに一部が掲載されていますのでご覧下さい。

伺った折に白土さんからコカリナを吹いてといわれて、古民家の雰囲気の会場で1曲演奏してきました。
その様子は左側にあるリンク欄から「風の居ブログ」をクリックしてご覧下さい。


こぎん刺しのコカリナ袋はブログでご紹介しましたら好評でした。1枚ずつしか無いのでは申し訳ないので、ちょっぴり纏めて製作をお願いしてきました。これで安心です。

気に入った普段使いに良い茶碗を求めて小僧もご機嫌でした。
  1. 2011/06/27(月) 10:06:30|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こぎん刺しのコカリナ袋

先日山形県のイベントでご一緒させていただいた「あけら倶楽部」を主宰していらっしゃるSさんに
こぎん刺しの袋を見せていただきました。
シックな生地に一針一針糸を刺し込んで模様をつける大変手間のかかる作品でした。

ピンと来たものがあったので、早速コカリナの袋を見本にお渡しして製作をお願いしていました。
今日それが届きました。

koginsashi.jpg

糸も草木染で染めてあって、デザインも素敵です。
量産ではない手作りの良さがしっくりきます。
これまでの袋は筒状になったものにコカリナを入れていましたので、はみ出したりしていましたが、今度は
巾着のように紐で口を閉じる事も出来ますので安心です。
近々ショッピングカートに載せてご希望の方にお分けいたします。
どうぞお楽しみに!

こぎん刺しの工房を開いているSさんのブログもどうぞ覗いてみて下さい。

     あけら日記
  1. 2011/06/23(木) 17:18:00|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やまがた元気な風展Ⅲ in 真室川

一昨年山形県上山市で開催された第1回のやまがた元気な風展は昨年のあつみ温泉に続き今回は真室川町で開催されます。
今年のサブテーマは「モノヅクリビトの祭典」です。

0711.jpg

0712.jpg

地域素材を活用したモノヅクリビトと人々との交流から地域に元気を生み出そうというコンセプトです。
私も第1回は上山のスモモで作ったコカリナをご紹介しました。
第2回はあつみ温泉の公共事業で伐採された桜コカリナで演奏しました。
今年は、真室川音頭で有名なところですので、主催する真室川うつわの会のS会長さんと役場のTさんが早々と材料の木を工房までお持ち下さいました。
木の種類も梅・赤スモモ・桜と多種類です。
今回は3日間の期間中毎日演奏の時間を設けて下さいましたので、環境に優しいコカリナの考え方と音色を
たっぷりお聞きいただこうと思っています。
お近くの方、どうぞござっしゃれ!
  1. 2011/06/21(火) 17:13:42|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第二回 あだたらオカリナフェスティバル in 二本松

昨日福島県二本松市で行われた標記演奏会を聞きに出かけてきました。

東日本大震災の津波でいまだに発見されていない渡辺さんが昨年参加した大会です。
その時に渡辺さんと知り合い、「オカリナフェスティバル in 奥信濃」に渡辺さんを招待した、オカリナ演奏家の江波太郎さんがエントリーされたと伺い駆けつけました。

「オカリナフェスティバル in 奥信濃」は江波さんが主催していらっしゃいます。
渡辺さんがご夫妻で出演した最後のステージとなった野沢温泉でのフェスティバル、そのときの写真やビデオをお弟子さんたちに働きかけて集めて下さいました。
その御礼を申し上げたかったのと、CDでお聞きしている演奏を同じ会場の雰囲気の中でお聞きしたいと思って車を飛ばしました。

IMG.jpg

頂いたプログラムを見ると17の団体個人の参加になっていました。
皆さんの日頃の練習の一生懸命さが伝わってくる素敵な演奏が続きました。
この曲をコカリナのレパートリーに入れたいとかこの伴奏CDに合わせて見たいとかいろいろ参考にもなりました。

所沢市から参加された「それからの蟻とキリギリス」というサークルの方から、
「瓶おじさんの渡辺さんが被災されもうお会いすることが出来ません」と、哀悼の言葉が出ました。
各地に積極的に出かけ、演奏をしていた渡辺さん、たくさんの音楽仲間に惜しまれる素晴らしい存在だったんだと
つくづく感じました。

圧巻は最後に登場された江波太郎さんの"Time To Say Goodbye"。
思わず惹きこまれる素晴らしい演奏でした。
そして渡辺さんの思い出をステージでお話して下さいました。
続いてご自身作曲の「祈り」を演奏。
心のこもったとても暖かい演奏に感激でした。

  1. 2011/06/13(月) 09:20:53|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年もいきいき学園で

今年も宮城県社会福祉協議会からの依頼で、いきいき学園登米・栗原校で2時間の枠でコカリナについて講義をさせていただきました。
概ね60歳以上の方の生涯学習構想に基づく2ヵ年制の学園です。
今回で5回目になりますが、2月にご連絡をいただき、この日が決まってました。
昨年までは皆さんが教室にも慣れて顔なじみになった頃なのですが、今年は震災の影響で先月25日に開校式を行って、今日が最初の授業ということで、幾分硬い雰囲気の中でのスタートでした。

iki112.jpg

コカリナが黒坂さんによって日本に紹介されてから16年目に入った現在の概況をお話しながらコカリナの演奏もお聞きいただきました。

iki114.jpg

今日の演奏曲は10曲。
ふるさと。もののけ姫、鳥の歌、北の国から、大きな古時計、さんさしぐれ、真室川音頭、最上川(山形県民歌)、愛燦々、見上げてごらん夜の星を

説明しながら使ったコカリナの樹種は

樹齢1200年の薬師桜の雪折枝、あつみ温泉の公共工事伐採桜、真室川の梅、
白鳥神社の樹齢1000年の突風で折れたイチョウ、クスノキ、埋もれ木ケヤキ

お気づきと思いますが大半は自然のチカラによって折れてしまった枝や支障木として伐採された木などで作ったコカリナです。その音色といわれをお聞きいただきました。
コカリナ製作のときに出る大量の切粉、これを染材として絹や綿を染めたストールもご紹介しました。
長野オリンピックで伐採された木から作られたコカリナの話などと共に、支障木や家屋解体廃材などを活用する環境に優しいコカリナ製作の活動を知っていただくことが出来ました。

コカリナの魅力は吹いていただいてこそ分って頂けるという訳で、日本コカリナ協会からお借りした体験用コカリナと工房から持参したコカリナを全員の方に持っていただき実際に吹いてもらいました。

持ち方や、指使い記号の付いた楽譜の見方を説明した後に、まずは自由に吹いていただきました。
深く銜え過ぎる方やリップを抑えてしまい音が出ない方など様々で賑やかになりました。
ポイントをご説明してキラキラ星に挑戦。親指を押さえっ放しでいいので、比較的早く感じが出てきました。
それではと続いて浜千鳥にも取り組んでいただきました。

iki113.jpg


開校間際の1回目の講義ですので、このように楽しんでいただけて良かったと思います。
呼吸器系や脳の活性化に効果があるといわれる吹奏楽器の一つとして、コカリナをご理解いただくことが出来て
本日のコカリナ普及活動を終えました。

お聞きいただいた方から、自宅の椿とかえでが一部焼けたために切り倒したがそれでコカリナが作れるかとの
質問もいただきました。木を大切にして製作している内容がご理解いただけて嬉しい反応でした。

  1. 2011/06/08(水) 17:02:40|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とっておきの音楽祭 仙台2011

毎年6月の第一日曜日に開催の標記イベントに参加してきました。

「とっておきの」とは、very special の訳で、一人ひとりがかけがいのない存在であり、音楽のチカラで
あらゆる個性が輝いてほしいという願いが込められています。

totteoki.jpg


宮城県内外から286団体約3千人の参加者が仙台市内の30の会場で演奏を繰り広げました。
心のバリアーと建物のバリアーも取り払おうとほとんどのステージが屋外になっています。

コカリナの参加は「ケヤキコカリナ青葉の風」と「塩釜コカリナ合奏団」の2団体。
ステージは仙台駅前にあるパルコ前ペデストリアンデッキでした。

totteoki1.jpg

各団体30分の持時間内で日頃の練習成果を発揮していました。

「ケヤキコカリナ青葉の風」は発足して3年、コカリナの綺麗な響きを醸していて素敵でした。
みやぎ県子ども・親子劇場の加藤さんが作詞され、黒坂黒太郎さん作曲の「てくてく杜の小径」も
歌詞カードが配られ歌声が会場に響きました。

CIMG1253.jpg

次が塩釜コカリナ合奏団でした。
津波被災でいまだ発見されていないされてコカリナ仲間の渡辺さんご夫妻への思いを込めて
「千の風になって」と「My Way] を一緒に演奏しましょうとのお誘いで、仙台コカリナ合奏団の皆さんも
参加され、私も一緒に演奏させていただきました。

画像_7~3

塩釜コカリナ合奏団も初期の頃の斉奏から今では3部から4部合奏へと着実に実力をつけて、いろいろなイベントにも積極的に参加していらっしゃいます。お正月には県内有数の参拝客で賑わう塩釜神社で奉納演奏も毎年勤めていらっしゃいます。東京コカリナフェスティバルへの参加も近いのではないでしょうか。

他の会場の様子もご覧頂きましょう。
定禅寺通りのケヤキ並木のステージの写真です。
並木が遠くまで続いていて、杜の都に相応しい場所です。

CIMG1283.jpg

秋にはこのようなステージで「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」も開催されます。
甚大な被害を受けた東北ですが、音楽によって街に多くの笑顔があふれ、音楽のチカラを得て復興への
歩みが加速することでしょう。


  1. 2011/06/06(月) 10:06:05|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレジットカード取扱

これまでクレジットカードというと自分が買い物をするときに使うものでした。
逆にコカリナをお求め下さるお客様もクレジット払いが出来れば便利かなと思い始めていました。
そんな折に営業の方がお奨めに立ち寄って下さいました。
こういう廻り合せは逃してはいけないという心情が働き、取扱を決めました。
審査も済んでステッカーなどの関係書類とインプリンターが届きました。

CIMG1247.jpg

カードの種類は、JCB・AMEX・ダイナース・UC・セゾン・DC・UFJ・ニコス・マスター・VISA です。

コカリナの販売は主にインターネット通販で行ってますすので、ネットでもクレジットカードが使えるように準備を始めました。
キャッシュレス時代の流れに遅まきながら参加です。
  1. 2011/06/02(木) 11:09:58|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック