コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

浦島小学校

夏休み直前の7月18日、気仙沼市立浦島小学校にソプラノコカリナ15本をお納めしましたが、昨日はバリトンコカリナ8本をお届けして来ました。
浦島小学校は生徒さんが7名で8名の先生方が指導していらっしゃいます。

CIMG2087.jpg
      校舎の全景です。プール脇の校庭には仮設住宅が建てられています。

前回音楽の時間にコカリナの説明や吹きかたのポイントをお伝えしてきました。
帰る時に児童の皆さんが吹きならしながら帰っていった様子を校長先生から伺い、
夏休みに楽しんで練習してくれると良いなと思っていました。

DSCF2095.jpg

そして夏休み明けの昨日の音楽の時間、なんと全員で「エーデルワイス」を上手に演奏してくださいました。
これには正直驚きました。
先生の方でこの曲を宿題にして下さったのかもしれません。
指使い記号付きの楽譜をお渡ししていましたが、ほとんど暗譜で吹きこなしていて
覚えの早さには脱帽でした。
お一人ずつ感想を発表していただきましたら、「難しかったり大変だったけど上手に吹けたときは嬉しかった」
と言っていただいて感激しました。

繧ウ繧ォ~2

10月には気仙沼市の合同文化祭に出演することになっているそうです。
11月には学校の学芸会でも発表が待っています。
保護者の方々と一緒に私も聞かせていただくお願いをして来ました。

お納めしたコカリナは学校の校庭で育っていた木が台風で倒れ、保管してあった桜の木で製作しました。

CIMG2086.jpg


校長先生から来年3月には統廃合で浦島小学校は閉校になるとのお話がありました。
浦島小学校で学んだ思い出の一つとしてコカリナを持たせてあげたいとのお気持ちから,
校長先生が桜の丸太を工房まで運んで下さいました。
今回の出来事も私のコカリナ人生で大切な一ページになっています。

帰路陸地の奥の方まで流された大型船の近くを通りました。
建物の基礎部分だけが残る一帯に異様な姿を見せています。

CIMG2088.jpg

中学生らしき皆さんがバス数台で訪れ、手を合わせながら説明を聞いている姿が印象的でした。
  1. 2012/08/30(木) 10:23:35|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四季彩通り商店街

工房への道すがら何気なく通っている色彩通りがあります。
ゆったりとした歩道と電線の地下埋設がされていて、すっきりした街並みです。
看板が掲示してあって、「日本一美しいまちづくりへの挑戦」と書かれています。
季節の花々が街路樹の傍を飾り、ごみも落ちていません。

これには陰で支える人の毎日の努力があるのですね。
仕事の関係で朝6時前後にここを通るのですが、いつもごみを拾い、花に水をやる姿を見かけていました。

IMG_0457.jpg

この商店街の元の理事長,同級生の木村君です。
まだ街が眠りから覚めないうちにこうした活動があって、綺麗な街並みが維持されているのですね。
「これだけで5000歩ぐらい歩くので健康のためだよ」とさりげなく言ってましたが、他の方を見かけた事は無く、
自発的に参加者が出てくるのを待っているのかもしれません。

2006年には商店街に黄色いポストが設置され話題を呼びました。
映画「幸せの黄色いハンカチ」にあやかってのネーミングのようです。これをデザインした切手や貯金箱も売り出されています。
もちろん現役のポストとして使われています。又各地の色違いの丸ポストとも交流があるそうです。

興味がある方はネットでのお申し込みもOKだそうですので「色彩通り商店街」で検索して見て下さい。

34d878f7-s.jpg

町並みをシャッター通りにする事無く、誇りを持って人が集いやすい街づくりを推進しています。
彼が理事長の頃に商店街の歩みを綴った「四季彩旬報」にこの街で育った吉野作造博士が残した言葉を取り上げていました。

「道行かざれば到らず。事成さざれば成さず」
  1. 2012/08/25(土) 07:59:30|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロビーコンサート

各地の役所でロビーコンサートが開かれるようになって久しいですね。
先週宮城県登米市南方総合支所のロビーコンサートに出演しました。
キーボード奏者の鎌田さんが申し込んでいて、ハンガリーの風の3人で出ることになりました。

robikonn1.jpg

ロビー並びの南方子育てサポートセンターの先生方は皆さんがコカリナを演奏なさいます。
この日は児童倶楽部の子供さんたちを引率して聞きに来て下さいました。

CIMG2075.jpg

子どもさん達のためにウグイスと馬の嘶きを吹いてあげると歓声が沸きました。
演奏をじっと聴いていただくのも良いですが、この様に一体化するのは何よりも嬉しいです。

この会場では毎月第二水曜日にロビーコンサートが開かれています。
オカリナの奏者として知られている南方総合支所市民課の高橋課長の企画で催しているようで、この日の司会も担当されました。
市町村合併後で遠慮があるのかまだ市の広報などでは告知していないそうです。
各支所が行う独自色がもっとオープンになって身近なイベントに育って欲しいものです。
  1. 2012/08/17(金) 22:39:18|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メロディーが紡いだ出会い

奥州街道徒歩の旅をしているコカリナ仲間の芦田さんと花巻市の桜地人館を訪ねた折に、館内で映されていたビデオから「花巻の四季」という美しいメロディーが流れていました。
とても気になったので、帰宅後にネットで検索しましたら宮沢賢治の研究者の方で、やはりこの曲が好きになり
ICレコーダーに録音してDTMでアレンジし、ヴォーカロイドで合唱曲に仕上げネットに出している浜垣さんという方がいらっしゃるのを知りました。

ご紹介いたしますので是非お聞き下さい。

      宮沢賢治の詩の世界

音域がコカリナにぴったりで、DTMの伴奏に合わせて演奏してみたいと思い、厚かましくもメールでお願いをしました。勝手なお願いでしたが快く了解して下さり早速メールに伴奏を添付してお送りくださいました。


その浜垣さんには賢治の「なめとこ山の熊」にヒキザクラの名前で出てくる辛夷の木で作ったコカリナをお届けしました。
その浜垣さんが盆休みを利用して花巻にいらっしゃるというので、昨日桜地人館で待ち合わせをしてお会いする事が出来ました。

IMG_1927_20120814174541.jpg


精神科のお医者さんという専門分野からの切り口で宮沢賢治を研究分析していらっしゃっていて、「宮澤賢治の詩の世界」というブログを書いていらっしゃいます。賢治ファンの方はご存じかもしれませんが、まだの方には是非ご覧いただければと思います。
私はまだ一部分しか読んでいませんが、心理学や言語学からの論旨展開には惹きつけられました。
点在する詩碑なども細かく調査していらしゃって地図でも示していらっしゃいます。
昨日も「あれっ」と立ち止まって碑を見ていらっしゃるのでお聞きしましたら、今年の3月に建立されたばかりの
新しい碑でした。

東日本大震災の直後にはご専門の分野で被災地支援にも入られたそうです。
日本コカリナ協会のプロジェクト活動として陸前高田の松で現地の小学校にお届けするコカリナを製作している事にも関心を持っていただきました。
辛夷のコカリナもお持ちくださいましたので、このコカリナとも再会できました。
館内に流れていたメロディーが素敵な出会いを紡いでくれました。

9月にはアメニモマケズ詩碑前で賢治祭が行われます。
  1. 2012/08/14(火) 17:13:08|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エコと収穫

昨年まではグリーンカーテンとして琉球かずらを植えていましたが、
今年はゴーヤに挑戦してみました。
最初は葉がなかなか茂ってこなくて焦りました。
どうやら原因は追肥と水遣り不足らしいと分かり、せっせと対策しましたら
見違えるように元気になりました。

IMG_1931.jpg

そして今朝の収穫は

IMG_1930.jpg

サイズは小さいですが毎日2~3個は採れそうです。
どんな味がするか楽しみです。
  1. 2012/08/14(火) 14:25:51|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みらいはゆめいろリレー展

7月31日から南三陸町のホテル観洋で標記の絵画展が開かれています。
昨日の河北新報に次のような記事で紹介されています。

リレー展

東日本大震災後に南三陸町を中心に物資の支援と心のケアを中心に活動してきた仙台フィールドワーカーズの佐藤代表から6月にこの企画を聞きしました。
佐藤さんは被災地で活動するボランティアの方々の心を癒す時間が持てればとのお気持ちから、昨年秋にもコカリナのミニコンサートを企画されましたので、拙いながら私と森の小僧(家内)で伺いました。
そして今回の企画に当たって、会場のBGMとしてコカリナはどうかと相談を受けました。
早速日本コカリナ協会の黒坂さんにCDを提供していただけないかご相談を致しました。
直ぐにお返事があり、黒坂さんのCDと周美さんのうたのCDを贈って来てくださいました。
震災の被害を受けた日本とハイチの子供たちの絵が飾られている会場に、優しいコカリナと周美さんの歌が流れているはずです。
私たちも今週末に会場で子供たちが画いた未来への希望の絵を見るのを楽しみにしています。

神戸をスタートに始まったこのリレー展は、5日まで南三陸町、8月7日~12日は仙台市太白区のスーパースポーツゼビオ長町店で開催され、9月には長崎で開催の予定になっているそうです。
お近くの方、是非お出かけください。

  1. 2012/08/02(木) 10:20:37|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック