コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

幼稚園児と音楽

暖かい日差しの今日、地元にある「純心幼稚園」にコカリナの音色をお届けしてきました。この企画は園児に生の音楽を楽しんでもらいたいという考えで幼稚園側と保護者が毎年行なってきているそうです。
今年は保護者のお一人が岩出山高校吹奏楽部OB・OG会の一員ということで実現したそうです。
吹奏楽の指導を行なっている佐藤先生がコカリナ合奏団の団長もされているご縁で、「コカリナアンサンブルもご一緒にどうですか?」とお誘いを受けてもまぜてもらいました。  
(まぜる=東北弁で加わる、一緒になるの意)

園長先生の「みなさんお早うございます」というご挨拶に対して、一斉に大きな声で答える園児のみなさんの可愛い声に思わず笑顔になりました。

junshin1.jpg


吹奏楽の迫力ある演奏の後で、大丈夫かなと思いながらコカリナの出番。
最初の「さんぽ」は園児のみんなが知っている曲で、一緒に歌ってくれて盛り上がりました。
でも、エーデルワイス・もののけ姫に移るにつれて、馴染みが無いせいか集中力が切れてきました。最後の曲は「まんが日本昔ばなし」でしたが、放送が終わってからしばらく経過していますので、知らない園児はそわそわして今一受けませんでした。
その点、岩高のみなさんのプログラムはさざえさんやトトロなど園児の気持ちを良く理解していて、さすが現役の保護者だなと思いました。

junshin2.jpg


小さい子供たちの集中力を考えると、リピートはカットして1曲を短く。
そして、聴いてもらう曲と一緒に加わってもらう曲をミックスしたプログラミングの工夫が大事だなと反省しました。

junshin3.jpg


相手に合わせたレパートリーを増やすことも課題です。
園児のみなさん、次回はもっと楽しんでもらいますよ!
初めての幼稚園訪問、勉強になりました。
  1. 2008/02/07(木) 18:21:25|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<雪の中の雀たち | ホーム | ふれあいフェスタのご案内>>

コメント

こんばんは、子共達に喜ばれたか、選曲がどうだったかはあまり気になりませんでした。単独じゃなかったので、たとえ別の曲であっても繊細なコカリナとブラスバンドの合同演奏ではブラスに圧倒されてしまうでしょう。うけなくともコカリナの音色を子共達の耳に届けただけでも良かったなと思ってます。これから子共達に聴いてもらうこともあると思いますが、ちょっとは子共うけする曲もいいかもね。ちなみにマンドリンでは子共達の時は「ドラえもん」が定番ですよ。みんな手拍子で歌ってくれます。
  1. 2008/02/12(火) 21:12:27 |
  2. URL |
  3. まんどりっこ #-
  4. [ 編集]

越後海月さんへ

今日は。
今日は雪も一段落して、暖かな日差しが出ています。
コメント頂いた通り、幼児の気持ちを惹きつけておく大人側の工夫がポイントですね。それにしても可愛らしい子供たちでした。
  1. 2008/02/11(月) 14:42:53 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

幼稚園児は遠慮がない

こんにちは、水彩色鉛筆様!
幼稚園児は演奏している人に悪いから、とか思ってくれないですからねえ。退屈するとすぐ態度に現れてきます。
私は、仲間と人形劇をやっていたことがあるのですが、やっぱり初演は中だるみしたり、受けなかったりです。反応を見ながら直していって、4,5回やるとかなり練れてくる感じでしたよ。
プログラムをいろいろ考えて、また園児達に聴かせてあげてください♪
  1. 2008/02/11(月) 14:17:22 |
  2. URL |
  3. 越後海月 #-
  4. [ 編集]

わかめさんへ

わかめさんたちのギターアンサンブルはこれまでに数多くの出前演奏を行なってきたノウハウが蓄積されてるのですね。素晴しい財産です。私達の方は団長さんが積極的にアレンジをしてくださるのが何よりの宝です。今回の経験は次へのステップに活かされるでしょう。
  1. 2008/02/10(日) 00:10:09 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

出前コンサート

小さな子ども達が重なり合って聞いてくれる、それは幸せなことですね。子どもは正直だから勉強にもなるでしょう。こども、若い人、成人、女性、男性、お年寄り、それぞれに喜んで貰える選曲はなかなか難しい。
先日病院のケアセンターへうかがった時の曲は、
勢いのいいラ・クンパルシータで目を覚ましていただき、月光仮面の歌、浜辺の歌、小さな喫茶店、
その後一緒に歌っていただく 冬の星座、ふるさと、荒城の月、水色のワルツ、しあわせなら手を叩こう、でした。アンコールに いつくしみ深き を用意していましたが、みなさんのご希望で クンパルシータとふるさとをもう一回やりました。
ふるさと はどこへ伺っても涙ぐむ方がいらっしゃって有り難いです。
古賀メロディの編曲がないのですが(先生の意向で)、どうしても編曲してくださいとお願いしてあります。^-^
  1. 2008/02/09(土) 17:58:14 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集]

弥勒さんへ

コメント有難うございます。
弥勒さんの「おひさまのたね」がまだレパートリーに入っていませんでしたので残念でした。この曲を一緒に歌ってもらえたら素晴らしかったです。
  1. 2008/02/09(土) 08:14:13 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

初の幼稚園ライブ!!!
お疲れさまどした。
でもきっと子供たちの笑顔に、元気をもらって帰ってきたのかもしれませんね。
>相手に合わせたレパートリーを増やすことも
幼稚園向けのレパートリー、老人ホーム向けのレパートリー…考えるだけでも楽しそうです。ますます忙しくなりそうですが(笑)
  1. 2008/02/08(金) 23:20:01 |
  2. URL |
  3. みろく #-
  4. [ 編集]

まんどりっこさんへ

幼児向けのプログラミング考えたいですね。
それ以外に想定される相手方に合わせた考え方を持ちたいものと思いました。
  1. 2008/02/08(金) 11:15:09 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

サイコさんへ

何気なく使った言葉ですが時代遅れの感覚だったのですね。有難うございました。
まだ孫がいないのですが、いたら可愛いんだろうなーと思いながら園児を見てました。
  1. 2008/02/08(金) 11:11:55 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

楽しそう~

画面から歓声が聞こえてきましたよ。子ども相手は良いですよね。元気が貰えて、ほんとうに楽しくなります。
ところで、「父兄」って今でも使うのですか?かなり抵抗を感じるんですけど...
現場では 「父母」もしくは「保護者」じゃないのかなぁ。ごめんなさい、文句つけて。
  1. 2008/02/08(金) 09:47:45 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集]

今日はお世話になりました。マンドリンではいつも老人ホームなのでたまには、若い方に聴いていただくのも楽しいですね。あの子共達の笑顔を見れた事、とっても嬉しいです。本当に可愛いですね。成長が楽しみです。
  1. 2008/02/07(木) 20:29:00 |
  2. URL |
  3. まんどりっこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/141-99365f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック