コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

素晴らしかったアルプホルンフェスティバル

地元大崎市鬼首で第2回オニコウベ・アルプホルンフェスティバルが開催されました。
初日の昨日(5月16日)カメラとハンディーレコーダーを担いで行って来ました。
まずは壮観なショットから。

IMG_0604.jpg

ホルンクラブは長野県大桑村・駒ヶ根市・横須賀市・平塚市・栃木県那須市・山形県南陽市・福島県新地町から7団体、ヨーデルクラブはヨーデルチロリアンとNHKヨーデル講座受講生・オニコウベのコーラスグループ。ゲストにヨーデルの盛んな韓国から韓国アルペンヨーデル「KAMERADEN]の皆さんの参加で賑やかに行われました。

開会式のファンファーレは

IMG_0589.jpg

残雪の残る禿岳をバックに重厚な響が広がりました。思わず拍手!

ヨーデルチロリアンの佐藤さんのアバウトな真面目さで司会進行。
各団体が次々と演奏を披露してくれました。

アルプホルンの長さは4,3mもあるのですね。近くで見るといろいろな飾りが施されています。

IMG_0581.jpg

長野県木曽郡大桑村からは大桑アルプホルンクラブが参加していました。
アルプホルン製作者でもあるコカリナ製作者の羽根さんに初めてお会いすることが出来ました。
地元の森林資源であるヒノキでコカリナ・アルプホルン・三味線を作っていらっしゃいます。
コカリナ製作の先輩とお話が出来て嬉しい一時でした。

IMG_0594.jpg

広い鬼首高原に響くアルプホルンのユッタリした音色に日頃の忙しなさが洗われるようでした。

韓国の方々のヨーデルは素晴らしいハーモニーでとても楽しそうに歌っていらっしゃいました。
chunestherさんのソロは特に素晴らしく、うっとり聞きほれました。

DSC_2064.jpg

演奏が終わってからアルプホルン体験会がありました。
小僧と私はもちろん参加しました。

DSC_2088.jpg

ブラバンでユーホニュームを吹いていましたが、マウスピースはほとんど同じ大きさでしたので音はすぐに出ました。高音は楽に出ましたが魅力の有る重低音は出せませんでした。やはり練習が必要ですね。

録音もしたのですが、風の音が邪魔して聞きにくいので今回は諦めました。

IMG_0603.jpg

市町村合併でこういう素敵な場所が市内になったというのは嬉しい事です。





  1. 2009/05/17(日) 09:33:21|
  2. コカリナ
  3. | コメント:6
<<今年も見れた駒形 | ホーム | 山形県温海温泉地区の桑と桜のコカリナ>>

コメント

まんどりっこさんへ

オニコウベの良さを発揮できる良い企画でした。
新聞でも大分PRされてましたよ。
  1. 2009/05/22(金) 07:24:05 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

鬼首は気に入ってる所ですが、そこでこんな素晴らしい企画があったんですか?

私知りませんでした。どんなにかよかったか

その場に居合わせて幸せでしたね。
  1. 2009/05/21(木) 20:48:40 |
  2. URL |
  3. まんどりっこ #-
  4. [ 編集]

わかめさんへ

あの風景を見てると自分でも吹きたくなりますよ。
福島の方が製作を指導してくださるとのことなので、お願いしてみようと思っています。朝晩工房からアルプホルンが響けば雉もビックリして逃げだすでしょうか?
  1. 2009/05/19(火) 12:56:33 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

素晴らしい環境

なんとも雄大な催し、山と空気とアルペンホルン!
なが~~い楽器の音を直ぐ出す事が出来るとは流石ですね。ちっちゃなコカリナとでっかいホルン、両方手がけたくなったお気持ち! がんば!
  1. 2009/05/19(火) 11:13:22 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集]

寅之助とおんがく、そして花たち さんへ

大崎市誕生でオニコウベも一緒になりました。このような企画が市内で行われるということは素晴しいですね。アルペンホルンも作ってみたくなりました。


  1. 2009/05/17(日) 23:17:46 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

すばらしい催しがあったのですね。

あの場所にはとてもホルンが似合いますね。響き渡って聞こえるさまが想像出来ます。あちこちとエネルギッシュに出かけていって、さまざまな文化tに触れてまた、コカリナなどによい影響を受けて・・・の連続がうらやましいです。
  1. 2009/05/17(日) 22:37:34 |
  2. URL |
  3. 寅之助とおんがく、そして花たち #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック