コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

木材の有効活用

コカリナは円筒形の外観に仕上げます。
その為に旋盤を使って削ります。

keyaki2.jpg

この時に結構な量の切粉が出ます。これを活かして使って下さる方と知り合いました。
草木染のKさんです。これまではケヤキならケヤキを製材所に持っていって、わざわざ削ってもらいおが屑にしてから煮汁を作り染めていたそうです。
わたしの方は毎日こんな風に切粉が出ます。

IMG_0639.jpg

樹種別に分けて袋詰めし、使って頂いています。
赤いバドウクや黄色のカヤ、茶色もイチイやケヤキでは違いますし、埋れ木欅やコブシなど様々な樹種の色が鮮やかです。この捨てるだけの切粉から素敵な草木染が生まれると思うとワクワクします。

しかも驚いたことに、染めに使った残りのカスは陶芸家の方に渡って、燃やされ釉薬に使われるそうです。なんとも嬉しい話でした。

銘木からもコカリナは作りますが、支障木や家屋解体廃材などからもコカリナは作ることが出来ます。
その木材がここまで役に立っているのは有難いことと思います。
  1. 2009/07/29(水) 17:27:27|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<初めての材 りんご | ホーム | バドウクと黒柿のソプラノ>>

コメント

わかめさんへ

遅くなりすみません。
物事の循環は面白いですね。いろいろなものが「もったいない」精神で活用されれば、まだまだ良い世の中になりますね。


  1. 2009/08/02(日) 15:09:34 |
  2. URL |
  3. 水彩色鉛筆 #-
  4. [ 編集]

自然のパレット

なんと素敵なお話でしょう、どんどん繋がりが出来、作品が出来、ものづくりに関わっていられる方の喜びが伝わりました。
木の色はさまざまなんですね、自然の色を生かした工芸には小田原の箱根細工がありますが、大鋸屑から染色ははじめて聞きました、どんな色に染まるのかしらi-233
  1. 2009/07/31(金) 21:50:53 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/271-d4c2baa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック