コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

ご神木再生祈願祭

13・14日の二日間、宮城県南部にある村田町の白鳥神社で行われたご神木のイチョウ再生祈願祭の青空コンサートに参加して来ました。

今月2日未明に突風のため樹齢800年とも一千年とも言われるご神木の大イチョウが幹の途中から折れてしまいその再生を祈願する催しが、「村田町の名木を守る会」の吉川団十郎さんが中心になって企画されました。
そうです、「ダンダンズービズービ、ダバダ 俺がー生まれたところは宮城県 」のメロディーと歌詞を覚えているポプコンファンも多いと思います。その吉川団十郎さんはいま歌手・作曲・陶芸・水墨画など多方面に才能を発揮していらっしゃいます。
境内で団十郎さんの水墨画を即売し再生資金に充当していただこうとの企画で、大勢の方が集まるように音楽仲間の青空コンサートや大道芸・フリーマケットも催されました。

新聞での呼びかけを読んで早速コカリナでの参加を申し込みました。
コカリナの名前を初めて知ったという団十郎さんにコカリナの歴史や背景・目指す方向を説明して
参加させていただくことになった次第です。
コカリナの音色を電話で聞いたせいか、祈願祭直前のタイミングで癒しの音色を披露するように
プログラムを組んで下さいました。

ichou5.jpg

被災前のイチョウと現状の写真です。

ichou1.jpgichou2.jpg

樹木医の方の再生事例紹介で計画も説明されました。

ichou4.jpg


幹周り9.8mは迫力があります。中心部が空洞になっていたため風圧に耐えられなかったようです。
歴史のある白鳥神社境内には他にも樹齢一千年の白樫の巨木など沢山の巨木が聳えています。

今回のコカリナ演奏では仙台市青葉通りの地下鉄工事で伐採されたケヤキ、樹齢1200年の薬師桜の雪折れ枝、あつみ温泉の伐採桜、そして急遽製作したイチョウのコカリナを紹介しながら演奏させていただきました。

祈願祭で神主さんが読み上げられた祝詞やご挨拶の言葉の中に、ご神木が自然災害で折れてしまったことへの
悲痛な思いが込められていて、再生への強い願いが感じられました。

ichou3.jpg


団十郎さんが神主さんにコカリナの活動内容をお話して下さり、ご神木の枝を取り置いて下さってました。
しっかり乾燥させてコカリナを製作し、神社の例大祭の折等にご神木のイチョウ大樹の音色をお聞きいただきたいと思っています。イチョウが新芽を出して再生すると共に、折れた枝をコカリナに再生させて再び白鳥神社にお戻りいただきたいと思います。
  1. 2010/11/15(月) 09:17:25|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬鳥たちの安らぎ | ホーム | 第2回みやぎコカリナフェスティバル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/374-74a71184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック