コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

今年もいきいき学園で

今年も宮城県社会福祉協議会からの依頼で、いきいき学園登米・栗原校で2時間の枠でコカリナについて講義をさせていただきました。
概ね60歳以上の方の生涯学習構想に基づく2ヵ年制の学園です。
今回で5回目になりますが、2月にご連絡をいただき、この日が決まってました。
昨年までは皆さんが教室にも慣れて顔なじみになった頃なのですが、今年は震災の影響で先月25日に開校式を行って、今日が最初の授業ということで、幾分硬い雰囲気の中でのスタートでした。

iki112.jpg

コカリナが黒坂さんによって日本に紹介されてから16年目に入った現在の概況をお話しながらコカリナの演奏もお聞きいただきました。

iki114.jpg

今日の演奏曲は10曲。
ふるさと。もののけ姫、鳥の歌、北の国から、大きな古時計、さんさしぐれ、真室川音頭、最上川(山形県民歌)、愛燦々、見上げてごらん夜の星を

説明しながら使ったコカリナの樹種は

樹齢1200年の薬師桜の雪折枝、あつみ温泉の公共工事伐採桜、真室川の梅、
白鳥神社の樹齢1000年の突風で折れたイチョウ、クスノキ、埋もれ木ケヤキ

お気づきと思いますが大半は自然のチカラによって折れてしまった枝や支障木として伐採された木などで作ったコカリナです。その音色といわれをお聞きいただきました。
コカリナ製作のときに出る大量の切粉、これを染材として絹や綿を染めたストールもご紹介しました。
長野オリンピックで伐採された木から作られたコカリナの話などと共に、支障木や家屋解体廃材などを活用する環境に優しいコカリナ製作の活動を知っていただくことが出来ました。

コカリナの魅力は吹いていただいてこそ分って頂けるという訳で、日本コカリナ協会からお借りした体験用コカリナと工房から持参したコカリナを全員の方に持っていただき実際に吹いてもらいました。

持ち方や、指使い記号の付いた楽譜の見方を説明した後に、まずは自由に吹いていただきました。
深く銜え過ぎる方やリップを抑えてしまい音が出ない方など様々で賑やかになりました。
ポイントをご説明してキラキラ星に挑戦。親指を押さえっ放しでいいので、比較的早く感じが出てきました。
それではと続いて浜千鳥にも取り組んでいただきました。

iki113.jpg


開校間際の1回目の講義ですので、このように楽しんでいただけて良かったと思います。
呼吸器系や脳の活性化に効果があるといわれる吹奏楽器の一つとして、コカリナをご理解いただくことが出来て
本日のコカリナ普及活動を終えました。

お聞きいただいた方から、自宅の椿とかえでが一部焼けたために切り倒したがそれでコカリナが作れるかとの
質問もいただきました。木を大切にして製作している内容がご理解いただけて嬉しい反応でした。

  1. 2011/06/08(水) 17:02:40|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二回 あだたらオカリナフェスティバル in 二本松 | ホーム | とっておきの音楽祭 仙台2011>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/423-8f7dd545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック