コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

焼け残った一本松 2

日本コカリナ協会から預かってきた松材は輪切りにしてしばらく乾燥させて来ました。
今日、黒坂さんから電話を頂き、9月中に出来上がらないかとの事でした。
木の乾燥の事をお聞きすると、二ツ井の製作グループは大型の人工乾燥室に入れた後に、1ヶ月ぐらい自然乾燥を行い、製作するとの事でした。
零細工房の私としてはその様なインフラは周りにもありませんので、製材し、電子レンジを使って少しずつ乾燥させることに致します。

早速表面の焼け焦げた部分をそぎ落としにかかりました。

CIMG1406.jpg

津波の後の火災にあったその部分をそぎ落とす時の匂いはとても嫌なものでした。
普通木の皮をはいだり削るときには割りと心地良いにおいがするものですが、今回は違いました。
防塵マスクは2枚駄目になりました。
この松の木が見た悲惨な状況はどんなだった事でしょう。

頑張って素晴らしいコカリナに生まれ変わらせてあげましょう。

CIMG1407.jpg
  1. 2011/07/29(金) 18:00:05|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<焼け残った松 3 | ホーム | 焼け残った一本松>>

コメント

風の居

これほど厳しい状態の樹から作るのは初めてです。
だからこそ頑張って製作します。
お楽しみに。

  1. 2011/07/30(土) 22:27:21 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

大きな災害をくぐり抜けてきた松の木は
キッと心に響く音色を皆さんに届けるのでしょうね。
私も聴いてみたいです。
  1. 2011/07/30(土) 18:58:56 |
  2. URL |
  3.  風ノ居 #syNHeu0c
  4. [ 編集]

ふじっこさんへ

コメント有難うございます。
惨状に負けずに残った木ですからきっと何かを語ってくれることでしょう。完成までの様子を掲載してまいります。
  1. 2011/07/30(土) 14:51:57 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

作業ご苦労様です。あの真っ直ぐで真っ黒な松の木がコカリナに生まれ変わる行程を手がけられますね。いつもと違う感触というのも津波にのまれ、火に焼かれた状況を考えると想像ができます。
手間のかかることだと思いますが、よろしくお願いします。
長野でも皆さんに伝えています。
  1. 2011/07/30(土) 09:47:27 |
  2. URL |
  3. ふじっこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/434-53d5b7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック