コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

再び陸前高田へ

今月11日に陸前高田市の奇跡の一本松前でコカリナ演奏が行われたことは前回のブログに書きました。
その後地元の米崎小学校にも伺いました。
その時、黒坂さんが「子供さんたちの反応が良かったらコカリナをプレゼントしたいね」とおっしゃってました。
この日子供さんたちはノリノリで眼を輝かせ、リズムをとって楽しんで下さいました。

陸前高田のシンボルでもあった高田松原が津波でなぎ倒され流出し、瓦礫の中に埋もれているのを見てきましたので、帰るとき校長先生に「あの松が入手できればコカリナを作って150人の生徒さんにプレゼントをしたいとの黒坂さんの意向なので、役所に折衝していただけませんか?」とお願いしました。
翌々日、目星をつけていた松の木の場所を絵地図で示して再要請し、市役所建設課に折衝していただきました。
その結果、河川管理係長さんから許可が出て、今日引き取りに伺ったという流れです。

matsu1.jpg

どうです?様になっていますか。現場の監督さんが写してくださいました。
直径50cmの丸太状態は小さいチェーンソーでは骨が折れました。

matsu4.jpg

結局輪切りにしたものの重すぎて持ち上げが出来なくて、重機で荷台に乗せていただきました。

matsu7.jpg

切り口の状態は綺麗なクリーム色で、これなら見た目にも可愛いコカリナが出来そうです。

蒸気乾燥釜の力を借りて殺菌と乾燥を行い、少しでも早く子供さんたちの手に渡せるように頑張ります。
  1. 2012/04/16(月) 21:41:52|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<小学校の桜 | ホーム | 陸前高田一本松前で>>

コメント

サイコさんへ

コメント有難うございます。
杏は読み聞かせを行っている方からの依頼でソプラノを1本だけ作ったことがあります。
サクラを柔らかくしたような音色でした。(こんなんじゃ分かりませんよね)
信州には森や安茂里といった杏の里があるのですが、もう花の時期は終わったことでしょう。
ご自宅の杏は沢山の花をつけたそうですが、せっかく育った木は出来るだけ生かしてやってください。
アルトも今度充実させますね。

  1. 2012/04/25(水) 16:26:40 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

サマになってますね!

直径が50cっもあるのですか!
こんなに綺麗な切り口なのですね。さぞ大変なお仕事だったでしょうね。
いつの日か、我が家の大きな杏でコカリナを作って頂きたいと願っています。
昨秋は全く剪定をしなかったので、枝一面の花を楽しめました。
このまま無事に実になってくれたらいいのですが...
アルトコカリナの音が聞きたかったのですが、アップされていないのでしょうか。
杏の場合は何の木に近い音ですか?
  1. 2012/04/25(水) 13:44:35 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集]

わかめさんへ

津波に流されて 瓦礫の山になっている中から選んで積み込み出来るサイズに切り出しただけです。
確かに体力のいる作業でした。
降ろす時は転がして降ろし、その後チェーンソーで小割りする予定だったのですが、あとはブログの通りです。
現場の監督さんからも、瓦礫処理に携わった事を子孫に語り継ぐ印としてコカリナが欲しいものだと言われました。
  1. 2012/04/23(月) 21:49:46 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

太い松の木

森の精さんらしい優しく温かな支援ですね。
こんなに太い木まで倒されたかと驚きました。
体力1番気力2番のお仕事でしたね。
車から降ろすときはどうされたのかと思いました。
コカリナを手にした子ども達の孫子の代まで語り継げる震災の記念品になることでしょう。縁もゆかりもない関東の婆ですけど御礼を申し上げます。
  1. 2012/04/23(月) 20:30:10 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/04/19(木) 09:39:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ふじっこさんへ

丸太との戦いにこの仕事も体力勝負だなとおもいましたよ。
現場では瓦礫の搬出でダンプがひっきりなしに通り抜け埃が舞い上がりました。
その中でも一人の運転手さんは、埃が立たないようにスピードを落としてソロソロと過ぎてくれましたし、
重機で気持ちよく積み込みをしてくれたオペレーターさんもいて、暖かい気持ちが嬉しかったです。
昨日も降ろしていた丸太を急に製材することになり、積み込みをどうしようかと思いましたが、工房裏の倉庫で作業をしているタイ人の方たちが快くフォークリフトで積み込んでくれてとても有り難かったです。
この様にいろいろな方が助けてくれるこのプロジェクトはきっと成功すると確信しました。


> 切り出しお疲れさまでした。津波に流されてしまった松・・中は柔らかい色をしていますね。コカリナとして復活する日を心待ちにしています。
  1. 2012/04/18(水) 11:08:58 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

切り出しお疲れさまでした。津波に流されてしまった松・・中は柔らかい色をしていますね。コカリナとして復活する日を心待ちにしています。
  1. 2012/04/18(水) 08:56:04 |
  2. URL |
  3. ふじっこ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/489-b9077323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック