コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

週末とコカリナ

9日の土曜日は勤務した会社の地区OB会総会がありました。
役員さんから親睦会の方で「ウイーンでのコンサートの話とコカリナの演奏を聴いていただいたら」というご提案をいただきました。

CIMG1888.jpg

石巻の被災松でコカリナを製作するプロジェクトに参加したこと、ウイーン楽友協会で全員が被災松コカリナで演奏したコンサートに日本コカリナ合奏団の一員として参加したことを報告している写真です。
(生演奏をバックに歌っている訳ではありません。  (^_^.))

その後に、先輩の遠山さんのギター、佐藤さんのリコーダーで応援していただき「さよならの夏」をお聞きいただきました。

CIMG1893.jpg

翌日、三浦先輩からメールで「久々にコカリナの音色に聞き惚れました。次回を楽しみにしています。」という有難いお言葉を頂きました。ウイーンに行く時にも、街の見所などをアドヴァイスしていただき感謝しております。又コカリナをお求め頂いた方からも「又始めるから指使い記号のついた楽譜送って」など嬉しい反応がいろいろありました。
楽しいお酒も入って、最終の高速バスで帰宅しました。

翌10日は、つくばみらい市の芦田さんと花巻で待ち合わせしました。
日本橋を基点に奥州徒歩の旅という企画で青森県竜飛岬まで何回かに分けて縦断するという計画を実行していらっしゃいます。
一昨年工房にお立ち寄りいただき、その後一関まで歩かれました。
昨年は東日本大震災で中断し、2年ぶりの再開で7日に一関を出発していました。
花巻は通過するだけではもったいないので、宮沢賢治縁の場所をご案内しました。

最初は羅須地人協会跡地に立つ高村光太郎筆による雨ニモマケズの碑の場所へ。
碑の前で二人で賢治作曲の「星めぐりの歌」を演奏しました。
これは2年前からの約束で、奥州徒歩の旅の刻印入りのバリトンコカリナで演奏しました。

詩碑の入り口横に賢治の資料や親交のあった高村光太郎や萬鉄五郎の作品などを展示する「桜地人館」があります。9時の開館前でしたが館員の伊藤さんが快く入れてくださいました。
展示品を見たり説明を受ける中で、芦田さんが徒歩旅行の途中で詩碑の前でコカリナを演奏してきたことを話すと
どのような音色か聞きたいとおっしゃいます。
そこでもう一度「星めぐりの歌」を演奏。
館内の響きがとてもコカリナに合っていて演奏していてとても心地良い想いができました。
後で分かったのですがこの日は伊藤さんにとって大切な日で、とても感動して下さいました。
お友達にも聞かせたいからと連絡を取られ、直ぐに駆けつけて下さいました。
こちらも気をよくして、「ふるさと」を二部合奏で演奏しました。
一緒にウイーンのコンサートにも参加してきたんですよなどと余計なPRも。
9月の賢治祭に来ていただくのも良いねなどとおしゃってました。

CIMG1905.jpg


その後、私も初めてでしたが高村光太郎が晩年の7年間を過した高村山荘へ行きました。
鉱山の飯場小屋を移築した質素というよりは粗末な小屋と言った方が相応しい建物でした。
今は鉄骨の套屋に覆われて保存されていますが(平泉の金色堂のように)、内部の小屋そのものを見ると、雪深いこの地で独居自炊を行っていた7年間の苦労はどんなだったろうと思ってしまいました。

CIMG1907.jpg
この外観は鞘堂の役目の建物で、この中に山荘が保存されています。


説明書きには「真と善と美の究明に哲人の如き生活を続けられた」とありますが、その精神性の屈強さに
すごい方なのだなーと思わずにはいられませんでした。
高村光太郎が好んで散策したという丘陵にある智恵子展望台に立ち、ここでも二人でアメージンググレースを
遥かなたに向かって演奏しました。

次は「ぎんどろ公園」
ここは賢治が勤めた花巻農学校の跡地を公園にしたところ。
風の又三郎の群像が建っています。
こどもたちの伸びやかさが感じられて良かったです。
ここもお奨めポイントです。

CIMG1911.jpg

始めて見たのですがぎんどろの木が沢山植えられていました。
機会があればこのぎんどろの木でコカリナを作って見たいものです。
この木の下で出会った方がご親切に賢治の墓所まで案内して下さいました。

最後に花巻農学校キャンパス内にある羅須地人協会へ。

CIMG1916.jpg

賢治が講義をしたであろう部屋で誰もいないのをいい事に、又「星めぐりの歌」を1曲。

書きませんでしたが、このほかにも地元の人との嬉しい出会いがありました。
コカリナっていろいろな場所で出会いがあって良いねと言いながらお別れしました。
投稿している今日は盛岡まで歩いて、その後帰宅されることになっています。

  1. 2012/06/11(月) 13:11:46|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<舞台技術講座への出演 | ホーム | 試作品完成>>

コメント

アンネのばら さんへ

コメント沢山有難うございます。
運指表付楽譜はコピー&ペーストで貼り付ければ簡単に出来ますよ。
私が使っているSSWでは段の間隔を広く出来るのでスペースを広げてその間に運指記号を貼り付けています。
この方法で必要な楽譜は作っています。
まだ試していないのですが、もっと手ごろなソフトを紹介していただきましたので今度お知らせ致します。

  1. 2012/06/20(水) 08:40:21 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

運指譜

障がい者作業所では運指譜がないと吹けないので、森の精さんのコカリナに入っている楽譜が大いに役に立っています。ただもうすべて吹いてしまいましたので、これから先はどうしようと思っています。どのようにして楽譜作っていますか?ソフトがありますか?
  1. 2012/06/20(水) 04:50:38 |
  2. URL |
  3. アンネのばら #-
  4. [ 編集]

星めぐりの歌

昔花巻の賢治館に行った時、星めぐりの歌がセロが置かれているスペースに流れてれていました。賢治が歌も創ったんだと初めて知りました。
賢治が口ずさんだのをそばにいた人が採譜したとかいうような話も最近何かで読みましたが。

大好きな曲なので私も演奏する機会があれば必ず選曲しますよ。
  1. 2012/06/20(水) 04:43:27 |
  2. URL |
  3. アンネのばら #-
  4. [ 編集]

サイコさんへ

まだ花巻へはいらっしゃってないのですね。
大事な予定が済んだ後にでも企画されてはいかがですか?
アッシー君はお任せを!


  1. 2012/06/13(水) 12:43:49 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

まるで1篇の映画のようだと感動しつつ読みました。
わかめさんがきっと書いていらっしゃるに違いないと思ったら、やはりコメントが...
いつかは訪れてみたいところ、心に温めておきます。
  1. 2012/06/13(水) 10:37:22 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集]

わかめさんへ

コメント有難うございました。
確かに”が”と”ガ”などの使い分けは実際に生活していないと区別がつかないかもしれませんね。
詩碑前では、ヒドリ と ヒデリ の話をしたり楽しかったですよ。「花巻の四季」という素敵な歌も知りました。こんど楽譜に書き留めようと思います。
まだ訪ねていない場所もあろうかと思います。花巻にいらっしゃることがあればご案内いたしますので遠慮なくどうぞ。
  1. 2012/06/13(水) 09:01:20 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

盛り沢山の楽しいお話ありがとうございました。
コカリナを中心に据えて人との出会いや楽しいことに出会っていらっしゃる素敵な記事ですね。
宮沢賢治は大好きで詩、童話を読んで賢治記念館、羅須地人協会を訪ねたり、詩集「春と修羅」を読んで小岩井農場に泊まり詩に出てくるとおりに歩いたり朗読したりしたことがあり、懐かしく読ませていただきました。標準語しか使えない私には賢治の作品を朗読するのは無理ですけれど。
ということで、有り難うございました。



  1. 2012/06/13(水) 00:09:27 |
  2. URL |
  3. わかめ #gGsLOqyI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/503-886afdea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック