コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙台明治青年大学

仙台明治青年大学は昭和41年に仙台市に開校された高齢者の学習講座です。
1昨年末に「コカリナの演奏と環境に優しいコカリナ製作について」のテーマで講師依頼が来ました。
約800名の在籍で毎回600名以上の方々が出席されるとお聞きしました。
会場も仙台市太白区文化センター「楽楽楽ホール」ということでしたので、ギターの大場さん、キーボードの
蒲田さんの応援を頂いて、”ハンガリーの風”として3人で伺うことにしていました。

それが昨年は東日本大震災に見舞われ、1年延期になっていました。
今年の学習計画はこの様になっています。

senmeisei.jpg

1時間20分の持ち時間を4つに構成しました。
1.ハンガリーの風の演奏
2.コカリナについて
3.ギター・ポルトガルギター・鍵盤楽器の変遷
4.コカリナ体験

演奏曲は  高原列車は行く・青葉の笛・きつつきポルカ・見上げてごらん夜の星を・さよならの夏
      野に咲く花のように・他にポルトガルギターの曲を2曲・アベマリア
      

コカリナをどのような木で作っているかの説明の中で、4年前に仙台市の地下鉄工事のために伐採された
青葉通りのケヤキで作ったバリトンコカリナで見上げてごらん夜の星を演奏しました。その時には一段と大きな拍手を頂きました。伐採する事に対して反対運動があったりした市民の方々の思い入れがあるケヤキですので、こうしてコカリナに生まれ変わり、皆さんにお聞きいただけたことはとても嬉しい出来事でした。

コカリナ体験では希望者を募りましたらお二人の方がステージに出て下さいました。
指使い記号の付いた「浜千鳥」をその場で何とか吹いて下さって暖かな拍手を受けていました。

残り5分になったので他に用意していた曲名をお知らせしてリクエストを頂きました。
最前列の生徒さんからの「川に流れのように」の声にお応えしました。
この後、質疑応答の時間だったのですが、アンコールの暖かなお気持ちにお応えして
宮城県に縁の「影を慕いて」を演奏しお開きになりました。

コカリナを通した活動の一旦を一度に大勢の方々に知っていただくことが出来ました。
又、久々に大きなホールに一杯のお客様を前にして、
適度の緊張感の中で演奏させていただき、有意義な一日でした。
  1. 2012/07/12(木) 22:21:59|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新しい樹種開発 | ホーム | モノヅクリビトの祭典2012inかみのやま>>

コメント

サイコさんへ

お忙しい時期に訪問有難うございます。
コメントに励まされて地道に普及啓蒙活動を行っております。
これからも宜しくお願い致します。


  1. 2012/07/15(日) 18:34:52 |
  2. URL |
  3. 森の精 #-
  4. [ 編集]

素晴らしい高齢者大学ですね。
内容も充実していて魅力的です。
その中でも、7月11日はどんなにか感動的だったことでしょう。
コカリナの魅力に惹かれる人が増えていくのは嬉しいことですね。
  1. 2012/07/13(金) 12:56:46 |
  2. URL |
  3. サイコ #ZeC0G1NE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/507-a57caf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。