コカリナ工房日記

「コカリナ工房森の精」の日記です。ホームページでお伝えできない日々の出来事などを綴ります。 コカリナは登録商標です。このブログは日本コカリナ協会の許可を得て運営しています。

コラボレーションへの一歩

前回まむろがわ逸品展のご案内を致しました。
そこに書きましたが、コカリナと日本独自の伝統技術である「うるし」とのコラボレーションを目指す活動を
スタートさせました。

ご協力をいただくのは真室川町で「うるしセンター」に勤務する傍ら、「うるし工房 学」を設立して
まむろ川漆を育成している佐藤学さんです。
若き塗師/掻き子として地道な活動をしていらっしゃいます。
これからの成長を温かく見守って行きたいと思っています。

若き塗師・掻き子

佐藤さんへの漆製品のご相談は urushi-craft@hb.tp1.jp へどうぞ。


木地の色合いや木目を生かした木地塗りを行う拭きうるしという技法があります。
コカリナは樹種によって変わる音色の魅力がありますので、木の種類が分かる方が喜ばれます。
その意味でも濃い漆で塗りつぶすのではなく、透き通る拭きうるしでコカリナを保護してもらえば
吹き口や指穴の部分の木肌荒れも防げるのではと以前から思っていました。
いつもお世話になっていた真室川うつわの会の佐藤会長の息子さんが漆工芸に従事していることを知って
今回長年の構想が実現できることになった次第です。
昨日塗装なしでお送りした木地の状態のコカリナです。
漆の木のバリトンとケヤキ材のソプラノとバリトンです。

IMG_0788.jpg

雪の影響もなく今朝9時過ぎに到着したとの連絡をいただきました。
2月1日のまむろがわ逸品展でどのようになっているか、お目見えが待ち遠しいです。
  1. 2013/01/17(木) 11:37:03|
  2. コカリナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第9回東京コカリナフェスティバルに参加して | ホーム | まむろがわ逸品展のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://morinosei.blog71.fc2.com/tb.php/536-9402cacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

森の精

Author:森の精
★ 職業:コカリナ製作者
★ 趣味:カメラ・木彫り・水彩画

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

スライドショー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック